【手のひら返し】「当たり前。ルール」小1娘が熱中症寸前でもバス下校を認めない担任。話し合いに行くと

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さくらみちこ
性別:女性
年齢:55
プロフィール:2022年1月、55歳の私、長女28歳、次女25歳との間で起こったちょっと感動的な出来事です。

27.jpg

つい先日、流行りの占いがあるとかで、娘たちが私を占ってくれました。

その占いによると、私は「どんなピンチのときでもアイデアとインスピレーション、行動力で乗り切る人」なのだそう。

そんな大層な...と娘に言うと、「これまでずっとそうだったでしょ?」と過去のエピソードを話してくれました。

今から約20年前、次女が小1の頃のことです。

当時の我が家は学校から遠く、徒歩で片道40分程度の場所にありました。

ある日、ふらふらになりながら小1の次女が帰宅。

その日は夏休み直前で、下校時刻は午後3時すぎの炎天下です。

帰宅した次女は、頬は赤黒く、全身に熱がこもり、熱中症寸前の状態でした。

真夏の炎天下を40分も歩くのは命の問題に直結するのだと思い知りました。

さっそく子どもたちの登校は徒歩、下校はバスと決め、この出来事と共に担任に連絡。

すると、担任は「小学生の登下校は徒歩が当たり前。学校のルールです!」とストップをかけたのです。

私がどんなに異論を唱えても、担任は「ルールです!」の一点張りで、全くゆずろうとしませんでした。

「直接話し合いましょう。今からそちらに向かいます。校長先生も教頭先生も一緒にお願いします」

そう宣言して学校に乗り込み、話し合いがスタートした途端、担任は態度を一変。

「ルールは大切ですが、子どもの命はもっと大切。バス下校で大丈夫です!」

180度意見を変えてきたのです。

これが次女にとっては驚きだったそうです。

「電話のあと、すぐに学校に行ったからびっくりした。あの後、二度とバスはダメですって言われなくなった!」

次女が笑って話すと、今度は長女が「私が中学生のときのこと覚えてる?」と話し始めました。

当時、長女にしつこく迫るヤンキーの男の子がいました。

長女は彼に興味がなく、何度も断っていましたが、その子はあきらめなかったのです。

そんなある日、その男の子が突然自宅前にやってきて大暴れ。

大声で「出てきて~」と叫んだり、我が家の傘立てを壊したりしたことがあったのです。

それを見ていた私は、すぐにデジカメでカシャカシャ撮影。

「何してんの?」と声をかけ、驚く相手に言いました。

「これは証拠保全といって、犯罪行為の証拠を残しているの。あなたは今、器物破損っていう犯罪行為を犯したからね。これでしかるべき処置ができるのよ」

そう言われてひるむ相手に、私はたたみかけました。

「呼び出しがあると思うからよろしく。ご両親にもそう伝えておいてね」

そう言った途端、このヤンキー中学生は慌てて逃亡しましたが、その後、再び我が家にやってきて平謝りでした。

「謝ってくれてありがとう。だけど、どう処理するのかは私が決めるからね」

そう伝えて帰ってもらいましたが、その後、娘がこのヤンキー男子に絡まれることは二度となかったそうです。

ほかにも「電車でヤンキーに絡まれたときもね...」「高校のPTAが揉めたときなんて...」、など、娘たちが覚えているエピソードをいくつも話してくれました。

これには「よく覚えてるな~」とビックリするやら恥ずかしいやら。

でも、内心は感動していました。

なにせ、これらの中には親子関係が難しい時期に起きた話もあって、当時は「お母さんなんてめんどくさい!」という態度だったはず。

しかし、今となっては「どんなピンチのときでもアイデアとインスピレーション、行動力で乗り切る人」だと私を表現してくれているのですから。

そう考えると、私の行動は無駄ではなかったんだな、と思えます。

人気記事:「お風呂は間に合ってますから」連日お風呂に入らない問題《石塚ワカメ》
人気記事:《漫画》「ゆるふわ系義母」が超ストレス!! 家族の生活リズムを乱すマイペースぶりに唖然<前編>
人気記事:《漫画》止まらない涙...10歳の私が「酒好きの父」を避けるようになった母の誕生日での出来事<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

賢いお母様で、見習いたいと思いました 冷静さ、スピード、行動力、知性、私に足りない物がはっきりしました 我が家の3人の子ども達は成人していますが、、もっと応援できる母になりたいので頑張ります!

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP