娘と夫に挟まれ、主張がコロコロ変わる母。それは家庭環境が原因だった!?/認知症介護実録

同居する祖母・きみ子、73歳。「私のお財布盗ったでしょ!」...元看護師でバリバリ仕事をしてきた祖母が認知症に!? 認知症への知識もなく、これからの生活はどうなる...? そんな恐怖と不安を抱える日々を孫・さとみ目線で描き、Twitterに投稿されている"ほぼ実話"の介護マンガを元にした『嫌いから可愛いになった私のおばあちゃん ~認知症介護実録~』をお届けします。

要介護2と認定された祖母・きみ子さんを自宅介護するさとみさん。きみ子さんの症状は"排泄ケア"が必要になるまでに進行しました。さとみさんは母・由美子さんと「排泄ケアが始まったら施設にしてほしい」という約束をしていたのですが、由美子さんの言っていることがコロコロと変わるのが気になり...。

【前回】「生きていて楽しい?」終わりのない介護に疲れた私。認知症の祖母の答えは.../認知症介護実録

●登場人物紹介

s-キャラ紹介修正.jpg

イライラの標的になりやすい私の母。

55-99-1.png

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

さとみ
進学先が祖母の家と近かったことで祖母との同居がスタート。その後、大学院生のときに祖母が認知症を発症したため、就職後も介護を続ける。現在、祖母は施設に入居中(コロナの影響で面会ができていない状況)。「沢山の書籍を読み、自分は介護に必要以上に苦しんでいたと気づいた」という経験を漫画で伝え、一例として役に立ちたいと、孫・さとみ目線で描く“ほぼ実話”の介護マンガをTwitterで連載中。

81+avVPVxkL.jpg

さとみTwitter:@satomi_qoljojo

コメント一覧

一気読みしてしまいました。90歳の義母(同居)と84歳の実母(自分から希望して現在施設)50歳の弟(統合失調症歩いて5分のところで一人暮らし)を見ています。3人とも生活面での私の介護は必要としていませんが介護施設での10年仕事をしていた為全体的な判断は私がします。お父様と同じように私の旦那様も義母に関して丸投げでしたが2年前から義母とのやりとりにほとほと疲れ旦那様に丸投げしたところ旦那様も私のイライラの原因を理解したらしく頭が休まらないと疲れている様子です。やらない人には理解できません。介護者は自分を第一優先に考え最低限の幸せは確保しつつ介護者の生命維持の為の最低限の対応でいいのでは?介護者の笑顔が皆んなの幸せ!をもっとうに自己中にいつ終わるわからない介護生活?を続けています
父の介護の時に父の4人の妹、つまり叔母たちに散々いじめられました。つまりちゃんと世話をしていないと言うのです。あまりひどいので、精神科にいったほどです。その後叔母たちは自分の主人の介護は一切せず、介護施設に丸投げで面会にもいきませんでした。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP