離れて暮らす母が言う「自宅介護希望です」。祖母と同居して介護をする私の気持ちは?/認知症介護実録

同居する祖母・きみ子、73歳。「私のお財布盗ったでしょ!」...元看護師でバリバリ仕事をしてきた祖母が認知症に!? 認知症への知識もなく、これからの生活はどうなる...? そんな恐怖と不安を抱える日々を孫・さとみ目線で描き、Twitterに投稿されている"ほぼ実話"の介護マンガを元にした『嫌いから可愛いになった私のおばあちゃん ~認知症介護実録~』をお届けします。

要介護2と認定された祖母・きみ子さんを介護するさとみさん。きみ子さんの一人歩きやキツイ言葉に悩まされ、睡眠もままならない日々を送っていました。そこで、きみ子さんの定期健診で先生に相談してみたのですが...。おすすめされた施設の入居について、同席していた母・由美子さんの反応は?

【前回】こんな「運任せな介護」でいいの? 同居する認知症の祖母の介護で最も恐れてたこと

●登場人物紹介

s-キャラ紹介2(修正).jpg

介護は、会議室で起きてるんじゃない。

現場で起きてるんだっつってんだろーー!

s-50-94-1.jpg

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

さとみ
進学先が祖母の家と近かったことで祖母との同居がスタート。その後、大学院生のときに祖母が認知症を発症したため、就職後も介護を続ける。現在、祖母は施設に入居中(コロナの影響で面会ができていない状況)。「沢山の書籍を読み、自分は介護に必要以上に苦しんでいたと気づいた」という経験を漫画で伝え、一例として役に立ちたいと、孫・さとみ目線で描く“ほぼ実話”の介護マンガをTwitterで連載中。

81+avVPVxkL.jpg

さとみTwitter:@satomi_qoljojo

コメント一覧

このお母さん、本当に何なの… 作者さんの経歴欄に、お祖母様が現在は施設入居とあるから、どの様な経緯で、そうなるのか興味深く拝読していますが…作者さんの立場を思うと辛すぎる。 無理解な身内の態度は、心が削られますね。作者さんが心労で倒れるとか考えもしてないんだろうな。私は自分の子供に、こんな辛い事させたくない。
言うのは簡単 やるのは大変ですね。 お母様も色々な想いの中、自宅介護を推していると思いますが、終わりの見えない介護をしている本人の意見を尊重するべきという事を学びました。
自宅介護を希望するのなら、お祖母様の実子であるお母様御自身が同居して自分で介護をすれば良いだけのことです。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP