【奇跡的な偶然】「え?」真っ暗な夜道をさまよって...やっと見つけた民家での思わぬ再会

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:晴れのち曇り
性別:女性
年齢:65
プロフィール:78歳の夫と2人暮らしの会社員です。

77.jpg

20年ほど前、当時高校生だった娘と静岡へ出かけたときのことです。

最初は知人を1人で訪問する予定でしたが、不慣れな道の上に遠方なので不安になり、試験休みだった娘に同行をお願いしました。

快く引き受けてくれた娘との車中の会話は、普段にも増して楽しいものでした。

無事に知人と会い、2時間ほど会話が弾みましたが、明るいうちに帰ろうと早めに友人宅を出発。

同行を快諾してくれた娘に、帰る途中で洋服を買う約束をしていたので、高速代を浮かせようと一般道を使うことにしました。

しかし、しばらく走るうちに、どこで間違ったのか変な道に迷い込んでしまいました。

早めに友人宅を出たはずなのに、走れど走れど家に帰るどころか見知らぬ山中に入り込んでいき...。

周囲は暗闇に包まれ、ついにナビの画面から道が途切れてしまいました。

それでも止まっているわけにもいかず、車を進めることに。

すると、一軒の民家の灯りが見えました。

このまま迷っていてもらちがあきません。

道を教えてもらおうと民家のインターホンを押しました。

しばらくすると、白髪交じりの年配の女性が、不審げな顔をドアの隙間から覗かせました。

まじまじとお互いの顔を見た後、「え?」と同時に声が出ました。

玄関から出てきたのは、そのときからさかのぼること数年前、祖母の家で顔を合わせた母の妹で当時70代の叔母でした。

こんな偶然ってあるの!?と驚きました。

母方の弟妹は9人いて、彼女が遠方に住んでいることは知っていましたが、訪問したことも詳しい住所を聞いたこともなかったのに!

叔母は突然の訪問者に「〇〇ちゃんどうしたの? こんな時間に、お姉さんに何かあったの?」と不安げに聞いてきました。

私が苦笑いしながら事情を説明すると、叔母はお腹を抱えて笑い出します。

「まあ、上がって行きなさい。よかったら泊っていけばいいよ」と優しく言ってくれて、ほっとしました。

叔母の家の住所を教えてもらうと、なんと我が家を通り越すこと1時間ほど。

民家もまばらな集落にたどり着いていたことが分かりました。

自宅では夫と中学生の息子がお腹を空かせて待っていたので、好意は丁寧に辞退して叔母の家を後にしました。

それからまもなく叔母の訃報を聞くことになろうとは、そのときは思いもしませんでした。

もしかしたら、叔母が最後に会うために呼んだのかもしれないな、なんて勝手に考えています。

人気記事:熱帯夜でも義叔母に頼まれる「クーラーは2時間で消してね」。実は内緒で...《バニラファッジ》
人気記事:《漫画》朝8時に義母が玄関をピンポーン! 新生児育児中の我が家にやって来た親戚御一行<前編>
人気記事:《漫画》22時過ぎに「既読にならない方は賛成でいいですね」!? PTAのグループトークにモヤモヤ<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP