【恐怖体験実録】「ついに孫も見てしまった...我が家に存在する「何か」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さくらみちこ
性別:女性
年齢:55
プロフィール:不思議な出来事は避けては通れないみたいです。

65.jpg

59歳・技術職の夫、55歳ライターの私、16歳で結婚、出産、後にシングルマザーとなった長女28歳、2人の孫(11歳と8歳)の家族です。

2021年春、当時小学校1年生の孫の身に不思議な出来事が起こりました。

我が家の下の孫はいつも元気いっぱい、体を動かすのが大好きな男の子です。

しかし、この頃はコロナ禍真っただ中で、自由に外出できない日々を送っていました。

そんなわけで、遊ぶ場所は家の中、特に自分たちの寝室で過ごすようになっていました。

そこは、娘と孫たちが眠る部屋なので、日中ほとんど誰も使いません。

誰にも邪魔されずに自分の遊びに没頭できるため、下の孫は寝室で過ごすのが定番となっていきました。

そんなとき、不思議な出来事がその寝室で起こったのです。

その日もいつも通り「遊んでくる!」と寝室に向かった下の孫。

程なく孫が遊んでいるコマのおもちゃが回るシャー、ブーンという小気味よい音が聞こえてきました。

「ご機嫌で遊んでるな〜」と安心していた私。

そんなとき、突然「うわ~~~~~」という、孫の絶叫が聞こえてきました。

それはもう、ものすごい大きな声です。

それまで一度も聞いたことがない異様な叫び声に、「これはただ事ではない」と感じてすぐに孫のもとへ向かいました。

すると、そこにはすでに娘がいて、「どうしたの? 何があったの?」と孫に話しかけていました。

しかし、そんな問いかけにも孫はまったく反応を示さずに、ただ娘の洋服をギュッと強く握りしめ、しがみつくように娘の体に顔をうずめていました。

その後も、どんなに声をかけても、身体が固まったかのように動きません。

困惑しながらも、「とにかく場所を移そう」と、リビングに移動。

一旦は孫を見守ることにしたのです。

それからしばらくたった頃、少し落ち着いたのか、孫が顔をあげてくれました。

それに安堵したものの、孫の表情は恐怖にひきつったままだと気づきました。

そこでもう一度、「何があったの?」と聞くと、孫がようやく、「怖い顔が壁から出てきた。僕をじっと見ていたんだ。顔だけが。凄く怖かった」と話してくれました。

その途端、孫は娘にしがみついて、大きな声で泣き続けました。

そんな孫の様子に、「やっぱりあれか...」と、過去の出来事を思い出す私。

実は我が家では、こういった出来事がときどき起こっていたのです。

突然スッと動く大きな影、どこからともなく不意に鳴る音、焼け焦げたような匂いなど、どう考えてもそこに存在するはずのない「何か」に遭遇することがあります。

それを経験してもなお半信半疑だった私たちなのですが、この出来事で、その「何か」の存在を認めざるを得なくなりました。

人気記事:気付いて! 認知症の義母に、思い切って「名前」で呼びかけた結果は...?《バニラファッジ》
人気記事:《漫画》「ゆるふわ系義母」が超ストレス!! 家族の生活リズムを乱すマイペースぶりに唖然<前編>
人気記事:《漫画》「結納金は空の封筒で良いかしら?」だと!? 結婚に水ばかり差す義母にイラッ<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP