【義母の攻略法】嫌な相手だからこそ逆に...! 私が義母を相手に試した「苦手な人攻略法」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:かっちゃん
性別:女性
年齢:43
プロフィール:世間知らずの一人娘が大家族へ嫁ぎ、今では3児の母です。

61.jpg

結婚当初から夫の家族と同居しているため、義母(69歳)との関係も15年以上になります。

同居という環境と義母元来の性格が相まって、義母は夫や私、孫たちを含め、家族全員に細かなことまで関与し続けています。

とにかく1から10まで知らないと気が済まない。

特に子どもに関することについては出しゃばりだと感じることも多々ありましたし、煩わしさにイライラすることもしばしばでした。

驚くべきことに、義母は私以上に子どもたちの学校行事や習い事のスケジュール等を把握しています。

夫の仕事のことについても、とにかく私が知らないことまで義母は知っている具合です。

一時は自分自身に不甲斐なさを感じたり、義母に直接「全てを報告するのは疲れる」と訴えたこともありました。

しかし、何十年と生きてきた他人の性格を変えられるはずもなく、同居解消も現状では難しい。

直談判にも効果が期待できないのであれば、思い悩んでイライラするだけ自分が損です。

何より家は居心地のいい空間でありたいもの。

それならば、「ゲームのボスキャラと思って対応を楽しんじゃおう!」と開き直ることにしました。

まずは、義母は頼られることや相談されることが大好きなので、小さなことでも「お義母さんはどう思います?」「お義母さんなら、どうします?」と聞くことにしました。

意見が不要であっても、とりあえず聞く。

極端な話、お義母さんの答えが賛同できるものでなくとも、「なるほど~」と相槌を打てばいいのです。

質問して答えを受け取る、これが攻略法その1です。

その2は、質問した事柄に対してできる限り「お義母さんの言っていた通り〇〇でした~」と結果報告をする。

これは毎回当てはまるわけではないのですが、かなりの効力があるので、「そういえば~」のように話題を変えたい場面にも使える技です。

この2点セットで我が家のボスキャラは攻略可能です。

お姑さんに望まれる「いい妻」を演じ続けるのには、心身共にエネルギーが必要ですし、どこかで破綻してしまいます。

それでも、多くの方が良好な関係を望んでいるのではないでしょうか。

それは妻だけではなく、お姑さんも同じだと思います。

それならば、相手に歩み寄れる部分は寄り添っていく。

私が義母との付き合い方に採用したものではありますが、もし共感してもらえたなら、自分なりに苦手な相手に合わせてアレンジして試してみてください。

無駄なエネルギーを消耗することなく、風通しのよい関係になれるかもしれません。

人気記事:《漫画》86歳義母と同居する60歳主婦の私。義母の介護が始まってからの生活は...<前編>
人気記事:《漫画》お酒が飲めない私。友人2人との飲み会で「気を遣わないでどんどん飲んで」と言った結果<前編>
人気記事:こんな時に? 外出自粛中に出かける夫にモヤッとしてたら...複雑だけどうれしいサプライズが!《しまえもん》

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

歩み寄れるところは寄り添う、って当たり前のことじゃないの?義母だろうと夫だろうと他人だろうと。世の中の人はそんなに自分がスタンダードだと思って他人に合わせさせてるの?
義母より子供のスケジュールを把握できていない母親は義母から見たら相当イライラ?しますよね。それに対して何もないのであればしっかりしたお義母さんだな、って感じ。 自分が知らなくて義母が知っていることにどういう気持ちかわからないけど、知っておかないといけないなら努力するべきだし知られて嫌なら行動を改めるべきだし自分が不甲斐ないなら把握できるように努める、ただお義母さんが知っているのが嫌な気分というなら自分の考え方を変える必要があるのでは。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP