【父の不倫相手と対決】父の浮気相手はプレッシャーで撤退? 家族の危機を救った中学時代の私の執念

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:かっちゃん
性別:女性
年齢:43
プロフィール:世間知らずの一人娘が大家族へ嫁ぎ、今では3児の母です。

58.jpg

私が高校受験を控えた14歳の頃、当時36歳の父が出張先の京都で女性をつくりました。

43歳の今になって当時の父のことを思うと、周りが遊んでいる年代に親になり、子どもも少し手が離れたことで、非日常に飛び込みたかったのかもしれないな...そう冷静に考えることもできます。

しかし、当時の私が一番許しがたかったのは、家族にバレてからも関係を続けていたことでした。

父の「家族も不倫相手も両方大事」という身勝手な言い分は、今でも理解はできません。

相手から電話がかかってくると、自宅を出て30分~1時間ほどして帰宅。

外で父が電話をしている間、母は様々な音楽(当時はCD)を大音量で聴いて待ちます。

私にとっては異様な光景でしたし、「とにかく我慢」という母のスタイルにも怒りを感じていました。

こうして壊れていく家族の関係と、日々の重苦しい空気に耐え切れなくなった私は、ある日、「直接、向こうの女(ひと)と話す!」と父に迫り、不倫相手に電話をさせました。

そして受話器をひったくり、2階の自室に駆け上がりました。

私の耳元で鳴る呼び出し音。

コール音よりも自分の心臓がうるさく鳴っていました。

「絶対出て!」と念じながらも、罵倒しようか、泣き叫ぼうか、どの作戦を実行しようかと考えていました。

私からの突然の電話に驚きながらも、落ち着いた京都弁で話すその人は、柔らかな雰囲気の美しい声でした。

娘と名乗った後の私といえば、相槌を打つだけの完全な聞き役。

不思議なことに、相手に悪い印象を与えないように、彼女の言い分を否定することなく、物わかりの良い娘を演じていたのでした。

今でも自分の言葉が信じられませんが、「お父さんと一緒に京都に遊びに来てね」という謎のお誘いにも「ありがとうございます」と返す始末でした。

相手の女性は、「いろいろな愛し方があるよね」とか、「お父さんは○○さん(母)も、○○ちゃん(私)のことも本当に大切に想っているのよ」などと言っていたような記憶があります。

あまりに身勝手な言い分、それを子どもに言い放つ傲慢さに、今は呆れてしまいますが、当時の私は文言通り「そうなんだ」と受け入れたのです。

緊張のあまり思考停止になっていたのかもしれません。

実際、この電話の後、謎の体調不良で3日ほど高熱を出しました。

知恵熱のようなものだったのかもしれませんね。

しかし、この私の電話対応が要因になったかは不明ですが、結果、少ししてこの不倫関係は終わったようです。

もしかしたら、相手の方はうんうんと自分の話を聞く私に、「娘まで一緒についてくるのかもしれない」という想定外の焦りを感じたのかもしれません。

もちろん、当時の私にそんな計算はありませんでしたが、「父は渡さない」という執念が、言葉になくとも通じたのかもしれません。

我ながら無意識のファインプレイだったな、とあれから30年近くたった今、しみじみと思います。

人気記事:「ごはんゆっくり作っていいよ♪」じゃない!母の看病の日々、夫に悶々《あぽり》
人気記事:《漫画》お酒が飲めない私。友人2人との飲み会で「気を遣わないでどんどん飲んで」と言った結果<前編>
人気記事:《漫画》自分のミスはヘラヘラごまかす20歳年上の神経質夫。それを見た娘が鋭い一言を!<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

怒るはずの相手が笑顔で優しいと、どんな罠?どっちから刺してくる?と余計に怖くなりますからね。不倫女も不倫父も、怯えて手を引いたのだと思いますよ。しかし思春期の娘にこんなことさせて、どうしようもない父親ですね。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP