【田舎のおきて】参加しないと「これだからよそ者は...」地方の親睦行事はとにかく面倒くさい!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ウジさん
性別:男性
年齢:60
プロフィール:地方都市のそのまた外れの地区に住み始めて25年以上になりますが、どうしても馴染めない「伝統行事」があります。

26.jpg

妻(57歳)と結婚し、義実家からいわゆる「味噌汁のさめない距離」に居を構えて26年目に入りました。

決して便利とは言えない場所ながら、豊かな自然に囲まれ(イノシシなんかも出るのは少々余計ですが)けっこう気に入っています。

ある「伝統行事」を除いては...。

「何だこりゃ? 移動総会? 参加希望って...」

最初に案内が来たのは、地区に来て間もない頃の回覧板でした。

何やら時代がかった案内文は正直よく分からず、せっかくの休日に「希望」してまで参加するつもりにはなりませんでした。

「不参加の場合は理由を明記」と書かれているのを見つけて、まあ適当でいいか、と「所用のため」と記入して回しました。

数日たつと地区の役員さんから電話がありました。

「所用って、どうしてもその日じゃないと駄目なのかい?」

なかなかのプライバシー侵害ですが、来たばかりの地区で波風を立てたくありません。

「いやあ、職場の付き合いなんですよね」

そうお茶を濁しました。

すると今度は、役員さんが直接家を訪ねてきました。

「来て最初の移動総会に行かないのはよろしくないよ。顔見せの意味もあるんだから...」

「はあ、そんなに大事なんですか、この移動総会って...」

「大事っていうか、楽しいんだよ。みんな集まるから地区に馴染むのにもいい機会だよ」

なんだか断り続けるのも面倒になって、参加する、と返事してしまいました。

「移動総会」は要するに春はお花見、秋はバーベキューで盛り上がろうという行事でした。

「総会」とは名ばかりで、ただ飲み食いするだけの集まりです。

貸し切りバスを仕立てて、車内では昼間から、それも発車と同時に酒盛りが始まりました。

このときは花見だったので、どうせなら着いてから花の下でやればいいのに、と思いながら、あまりお酒に強くない私は離れた座席で息をひそめていました。

会場に着く頃には、みなさんすっかり出来上がっていて敷物も敷けない有様でした。

それでもなんとなく宴席が始まると、また飲み始めるのには感心しましたが。

その後もこの伝統行事は律儀に続けられ、移動の車の中から宴会が始まります。

酒に弱い私は、車内で飲んだらすぐにダウンしてしまうため、そのたびに車の中では小さくなっていました。

そうすると、参加者のみなさんが赤ら顔で迫ってきて...。

「付き合いが悪い」

「これだからよそから来た人は...」

そんな嫌味が続くのを苦笑いでかわし続けます。

数年参加したので、かわし方だけは上手くなってしまいました。

実際いまだによそ者扱いされるので、この伝統行事も断りきれないのですが、この2年ほどはコロナのおかげで行われずにすんでいます。

今年も移動総会(つまり花見)は「残念ながら中止の運びと相成り...」との回覧が回ってきて胸をなでおろしました。

正直この行事に関しては、コロナ禍が終わっても「残念ながら中止の運び」になってもらいたいなあと思ってしまいました。

人気記事:母から届いた年賀状にイラッ! つまり...祖母の介護はまだまだ続くってこと?《認知症介護実録(31)》
人気記事:《漫画》67歳母がガン闘病中に「マンション買ってん」。完成間近に告げられた余命に涙...<前編>
人気記事:《漫画》長女が受験「運気上昇のために断捨離だ!」妻の決断が我が家にもたらしたものは...?<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

スープの冷めない距離、5分くらいの距離なら奥様がご実家の面倒を見に通われるのも距離的にはそんなにご苦労はなさそうで良かったですね。 お花見は実行役員さんみたいな方が代替わりして若い世代になると変わったりするものですがしばらくは変わらなそうなのかな。そういったことに参加されたことはないのでしょうか?強制でないなら楽しそうですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP