【私が痩せた理由】ぽっちゃりな私を奮起させた法事での従兄弟の「ある言葉」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:とらとら
性別:女性
年齢:53
プロフィール:アラフィフ兼業主婦。幼い頃はむっちり体系でした。

23.jpg

現在53歳の兼業主婦です。

子どもの頃から「どちらかというとお母さんよりお父さんに似ているね」と親戚や近所の人に言われて育ってきました。

小学生低学年の頃は、そう言われてもあまり気にしておらず、むしろお父さん子だった私は「うち、お父さんに似てるんやね」とちょっと嬉しく思っていました。

しかし、中学生になり思春期に入った頃です。

法事の席で従兄弟(当時16歳)に「とらとらちゃん、お父さんの家のほうに似てきたね」と言われたのを聞いて、とてもショックを受けました。

理由は、父方の家系はみんなふくよかな方ばかりだったから。

実は、私の父(享年71歳)もほっそりしているとは言い難い体つきでした。

恰幅が良くてお腹もでーんと出ている感じで、後で私の母(77歳)に聞くと、父は職場の健康診断ではいつも「肥満」と診断されており、お医者さんからも「痩せましょう」と毎回言われていたそうです。

当時、法事に来ていた親類をぐるっと見渡すと、父も父の姉(現在81歳)も父の妹も(現在77歳)揃ってふくよか。

他の父方の親戚も同様で、とてもニコニコとして優しそうなのですが、ほっそりとしたモデル体型のような方は1人もいなかったと記憶しています。

とにかく、従兄弟の言葉はショックでした。

「お父さんに似ている」のではなく「お父さんの家のほうに似てきた」との言葉は、暗に「太ってきたね」と言われたように感じたからです。

その日から私は「脱! お父さんの家のほう似!」をスローガンにダイエットを開始。

思春期になっても父親が嫌いだとか、父親が汚く感じるなんて感情は抱かなかった私は、父に「ごめんね」と心のどこかで謝りながらのダイエットでした。

しかし、当時好きな子がいたためか、「せめて普通体系と言われたい」という思いが強かったのです。

三食しっかり食べるけれど極力お菓子は控え、夜9時以降は水しか飲まないというダイエットで、身長が伸びるとともにすうっとスタイルが変わっていきました。

おかげで、現在もそれなりに体型を維持することができており、職場の健康診断のBMI数値も標準、メタボ診断もひっかかることはありません。

あの法事での従兄弟の言葉は本当にショックでしたが、逆に考えるとそのおかげで自分が太く見えることに気が付き、健康的な体型になれたと感謝しています。

人気記事:す、すごい発想!旅行で母が友だちに「尿漏れパッド」を配った結果は...!?《中島めめ》
人気記事:《漫画》長女が受験「運気上昇のために断捨離だ!」妻の決断が我が家にもたらしたものは...?<前編>
人気記事:《漫画》新婦を差し置いて「この子にもドレス着せて」!? 結婚式場で見た義母と義妹の仰天行動<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

夜9時以降にどんなものを召し上がっていたのですか?高校生くらいでは夕飯ももっと早い時間ですよね?その時間に何か食べるものってなんだろう?あとは寝るだけなのにそりゃあ溜まりますよね。それで朝起きてしっかり朝食とって、内臓が休まる暇がない。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP