【私の黒歴史】ガツンと言ってくれてありがとう...不思議ちゃんキャラを演じていた私を救った言葉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:やまと
性別:女性
年齢:41
プロフィール:10歳年上の夫と二人暮らしの主婦です。

19.jpg

今から約15年前、20代半ばの頃の話です。

当時流行っていた不思議ちゃんキャラの女性タレントに私の名前が似ていたことから、社内でそのタレントの呼び名をもじったあだ名で呼ばれていた時期がありました。

そのタレントは、遠い宇宙の星からやって来たという設定です。

舌足らずなしゃべり方で、女性からはぶりっ子と受け取られることもありました。

しかし、私はそのタレントをかわいくておもしろいと思っていました。

そして何を勘違いしたのか、自分がそのタレントのようなキャラを社内で求められていると思い込んでしまったのです。

そこで、そのタレントの言動や話し方を真似することに。

旅行のお土産を渡すとき「〇〇〇星に帰っていたのでお土産です!」と言いながら渡します。

「彼氏いるの?」などプライベートな質問をかわすときは、「地球人も素敵ですが、やっぱり付き合うなら私と同じ〇〇〇星人かな〜」と誤魔化していました。

そんなある日、会社で飲み会がありました。

いつものように私は、場が盛り上がると思い不思議ちゃんキャラを炸裂させていました。

お酒が入っていたこともあり、男性を中心に大盛り上がり。

不思議ちゃんキャラを演じる私は調子に乗ってヒートアップします。

しかし、飲み会が終盤になって人も少なくなると、同じ席にいた少し年上の女性の先輩が厳しい表情で言いました。

「ねえ、あなた何でそんなぶりっ子するの?」

思いがけないことを言われてびっくりしてしまいました。

「ぶりっ子しているわけではなく、面白いかなと思って冗談でタレントの真似をしているだけなんです。もちろん、元の私はこんなキャラじゃないですよ」

すると先輩は、厳しい表情を崩さず、当時の私を全否定。

「そうなんだ。それそんなにおもしろくないし、宇宙の星からやって来たとかいう発言もバカみたいだからやめた方がいいよ」

後から思えば、タレントをもじったあだ名で呼ばれていたのも、たまたま職場に若い女性が少なかったからです。

それなのに調子に乗っていつの間にか嫌われてしまっていたことに、そのとき初めて気づきました。

それ以降、自分から不思議ちゃんを演じるのをやめ、人から振られても「そうなんですよ〜」と受け流すようにして、キャラからフェードアウトしていきました。

すると、いつの間にか私の不思議ちゃんキャラをいじる人もいなくなり、何事もなかったかのように元に戻りました。

あのとき注意されていなかったら、私はさらにイタい人になっていたことでしょう。

はっきり言ってくれた先輩にはとても感謝しています。

人気記事:《漫画》40歳を過ぎて結婚。義母の「孫の顔を見せないなら意味がない」攻撃に我慢の限界が...<前編>
人気記事:《漫画》自分のミスはヘラヘラごまかす20歳年上の神経質夫。それを見た娘が鋭い一言を!<前編>
人気記事:「鬼姑」を絵にかいたような姑が、80歳を過ぎて「弱って」きてしまい...《ゆるゆらり》

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

職場でそれはないと思う。常識のある先輩がいてくれて良かったですね。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP