「飲め飲め言われると嫌になる」言い訳を繰り返し食事を拒む80歳の母。最近は物忘れも...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:けんけん
性別:女
年齢:51
プロフィール:実母(79歳)息子(12歳)の3人で、ちょっと田舎に暮らしています。

15.jpg

母(79歳)は2020年春に家の中で転んで腰椎圧迫骨折になってから、起きていると痛いらしく、横になっていることが多くなりました。

ただ、横になってばかりいると筋肉が劣り、食欲もなくなります。

さらに、思考力も低下して考え方もネガティブになると聞きました。

圧迫骨折のために作ったコルセットも、「締め付けられて苦しいから嫌だ」と言って着用せず、食欲がないから「食べたくない」と言って食事もしない母。

12月に内科を受診したとき、母自身は「フラフラするんです」としか担当医に言いませんでした。

私が「息も苦しいらしいですよ」と伝えると、医師は「栄養が摂れていないので、機能低下でそうなるんです」と検査結果を見ながら教えてくれました。

全く食べられなくなると、液体の栄養ドリンク的なパウチを病院から出してもらうのですが、母はまだ自分で食べられる状態です。

そのため、補助的に市販の高エネルギーゼリーを1日2本飲むようにと言われました。

介護用の高エネルギーゼリーは少々お高いので、ほかの高エネルギーゼリーを探して常備しています。

しかし、当の本人が飲まないのです。

飲むように勧めると「飲め飲め言われると嫌になるから」と言われてしまいます。

家での食事も母が食べられそうな物をと私なりに考えて作るのですが、何を出してもお気に召さない様子。

「美味しいの作ってや」と言うので頑張るのですが、食事を出すと「美味しくない、ようこんなん作ったな」と必ず言われます。

毎回言われるのも嫌なので、お正月の筑前煮は材料だけ切って用意し、味付けは母にお願いしました。

美味しいとは言えない、イマイチな筑前煮でした。

母は「(12歳の息子には)栄養のあるもん食べさせたりや」といつも言うので、「栄養のあるもんを食べないかんのは、お母さんの方やで」と返す日々です。

また、近ごろは認知機能も怪しくなってきました。

食後に血圧の薬を飲んだのに「最近、薬を飲んでないよね」と話すのです。

その対策として、飲んだ証拠として必ず薬の空き袋などを置いておくようにしています。

ですが、先日の夜も薬を飲んで1時間もしないうちに「薬を飲んでないやろ! 出してもくれへんから」と騒ぎ出しました。

薬の空き袋を見せて「飲んだよ」と伝え、息子も「ばあちゃん、飲んでたよ」と言ったのですが、「へぇそうかいな、なんでもご存じやねんな」と言いながら新たな薬を出して持って行ってしまいました。

寝る前に母の部屋を見ると、持って行った薬の空き袋があったので、再び飲んでしまったようです。

母になんと声掛けしても聞き入れてくれません。

本当にお手上げ状態で、どうしたらいいか分かりません...。

関連の体験記:「あなたの退職金で老後を過ごすんだから」私が仕事しているのを散々こき下ろした義母の言葉に唖然
関連の体験記:「犬の面倒を見るのが忙しいから頼むね」インコ3羽の世話を押し付けて帰った自己中義妹
関連の体験記:「私はコロナに感染していない」って、そういう問題じゃないよ...「会えない」を理解してくれない母

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP