そんなことまで!?やっぱりうちの柴犬はいやがらせが得意!/宮路ひま

15回mini.png

前回のエピソード:飼い主へのいやがらせ!?絶妙にイヤなラインを攻めてくる柴犬

家族に対して「怒るほどではないけど絶妙にちょっとイヤ」なラインを攻めてくるいやがらせ柴のエピソードはまだあります。

母がリビングで洗濯物を畳んでいたときのこと。
どんぐりは用事もないのに勢いよくやってきては、せっかくきれいに整えて畳んだ洗濯物の山の上を「あえて」通過し蹴散らしていきました。

また、母が毛が付くと目立つような黒や紺の服に丁寧にコロコロをかけて毛を取っていたとき、さあ、きれいになったぞと思った頃にやってきては「あえて」その服を下敷きにして寝やがりました。

他にも、寝転がっている人をわざわざゆっくり踏みつけて通過して行ったり...。


全て分かった上でやっているとしか思えません。いじめっこ!

どんぐりは、やっぱりそういう柴犬なのです。

次のエピソード:「良い犬」の見分け方!?愛犬との出会い、我が家の場合

◇◇◇

宮路ひま

小さな頃から動物好き。17年間ともに過ごした先代の柴犬・ぺっちゃんとの別れを期に、思い出を形に残そうと考えることに。
やがてやってきた2代目柴犬・どんぐりのおバカな行動に振り回されながら書き始めたブログで、ライブドア公式ブロガーに。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP