【漫画】お手柄!「おバカな天然ワンコ」が行方不明の義母を発見。亡き愛犬「リキ」との思い出<後編>

お手と伏せを間違えるような天然で、いつも私たち家族を和ませてくれた愛犬・リキ。おとぼけな行動ばかりだったけど、ある日、家族のピンチを救ったのはリキだったんです!
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?

【前編】我が家のおバカで天然な亡き愛犬「リキ」。溺愛していた義母が暗くなっても帰らず...

毎日が発見ネットさま_04.png

【続きを読む】

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

とても、良い話ですね。うちにもワンコがいます。子どもと一緒です。それはそれは可愛い。リキちゃんも、本当に大切にされて可愛がられてたんでしょうね。本当ぬお手柄でしたね。今でも虹の橋から、家族を見守ってると思います。良い話をありがとう。
最近我が家の、ティーカップのチビワンコに助けられて、いつもお馬鹿で家族が帰ってきても吠えまくる馬鹿ワンコで、難病持ちの私が夜中トイレ前で倒れ意識が遠のく中ワンコが様子を見に来て急いで高いサークルを飛び越え旦那を呼びに、救急車を呼び事なきをえました、体温が34度でその朝まで倒れていたら死んで居たでしょう、この話に涙が出ました。
本当に良い話しを聞かせて貰いました……。家族みんながリキちゃんを心底可愛がっていたからこそ、リキちゃんも大好きなおばあさんをすぐに見つけられたんでしょうね……(T ^ T)殺伐とした話が多い中、こういう心温まる話は癒しになります。
30年ほど前ですが…。当時柴が入った雑種を飼っていました。その子もだいぶ歳になり今年の夏を越えられるかなと家族と話をしていました。当時私はバイトに明け暮れていましたが、たまたまその日は丸一日休みだったので庭でその子とボールで遊んでいました。その後、私が投げたボールを咥えてこちらに走ってきていた時、突然その場で倒れそのまま息を引きとりました。今思えば私が休みになるのを待っていたようにも感じます。人懐っこくて番犬にはなりませんでしたが、私に害を与える者には何故か敵意を剥き出しにする子だった事を考えると賢い子だったのかな?と思います。親バカすいません……。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP