初婚の私がいきなり中二の母に!? 家族を繋いだ息子の存在/キッチン夫婦(妻)

pixta_16544972_S.jpg

こんにちは。「キッチン夫婦」という料理や日々について綴ったブログを夫婦で運営している、べにゆうと申します。

夫のK(54歳)、妻のべにゆう(45歳)、大学生の息子(19歳)の3人家族で仙台市に住んでいます。

私達は6年前に結婚しましたが、私は初婚、主人は離婚経験があり中学2年生の息子がいました。

結婚してからは、夫が朝食を作り、妻が夕食を作っています。

何かぎこちなくても、ちょっと複雑な家族でも、「心のこもった食事があれば家族の仲は深まる」との思いで続けてきた料理ブログも4年目になりました。

今回は、べにゆう(妻)が結婚を決めるまでの心境を書きたいと思います。


結婚はしたいけど、いつかいい人がいたら・・・と思い続け、気が付けば39歳。

その頃になって、自分は本当に結婚しなくてもいいのかな?と考えるようになりました。そして、「私はこれからずっと一緒に支えあって生きていける人と出会いたいんだ」とはっきり認識したところで、一念発起し婚活をスタート。

今までの行動範囲では足りないに違いない!と、お見合いパーティーに参加してみたり、友達のお母さんに知人の方を紹介していただいたり。

その頃から、もし結婚したら子供ができて・・・と妄想して、ネットでいろいろな子育て論やブログを読むように。そんな時、あるSNSで、離婚経験があり子供がいる夫と知り合うことになったのです。

最初は、子供がいる人とのおつきあいは考えていませんでした。でも、夫と出会ったことで、「子供がいるというだけでせっかくの縁を切り捨ててしまっていいのかな?」と考えるようになり、思い切って会うことに。

主人の印象は、「子供を大事にしている、生き生きとして活動的、仕事も一生懸命、丁寧な言葉と態度で私に接してくれる人」。

当の私はどんな人と出会いたいと思っていたのかというと、「私を大切に思ってくれて、丁寧に接してくれる人」でした。

そう。「あら?出会ってるじゃないですかー!?」と、いつしか自分で気づくこととなりました。

私の周りにも、子供がいて再婚して幸せになってる方もいらっしゃって、抵抗感はさほどありませんでした。

その一方で、実際の生活を想像すると不安ばかりだったのも事実です・・・

私にしつけなんてできるの?

反抗期で手に負えなくなったり?

ご飯だって好き嫌いあるよね?

注意したい時はどうするんだろ?

細かいことを考えたらきりがありませんでした。

しかし、私が彼に魅力を感じていたのは、彼が一生懸命子供と向き合っていることでした。

会うまでのメールのやり取り、会ってからも会話の節々に「息子がこうなんだよ、こんな風に言ってるんだよ」と出てきていて、そんな子供思う気持ちが素敵だと思っていたのです。

そんな夫だったからこそ、彼の子供にも会ってみたいなという気持ちが自然に出てきたのかもしれません。そしてその子が私を嫌でさえなければ、私達は乗り越えていける、家族になれる、きっと大丈夫!と信じるようになりました。

 

さて、今日ご紹介するのは、そんな夫と息子が私の作る料理の中で大好きだと言ってくれる 「ハンバーグ」です。

37ab9eb8b82dd32e0478bb6ef4b9abbb73117b7d.jpg

【材料(4人分)

玉ねぎみじん切り・・1/2個

炒め油・・小さじ1

a:溶き卵・・1個

a:牛乳・・50cc

a:パン粉・・1カップ

合い挽き肉・・400g

塩・・2つまみ、こしょう・・少々

焼き油・・・大さじ1

●ソース

水・・150cc

トマトケチャップ・・大さじ4

酒・・大さじ1

ウスターソース・・大さじ2

しょうゆ・・小さじ2

はちみつ・・小さじ1

バター・・10g

【作り方

1. みじん切りにした玉ねぎ1/2個を油で透明になるまで炒めて、取り出して冷ましておく。

aの牛乳と卵をよく混ぜ、パン粉を加えてしっとりさせておく。

2. 合い挽き肉、.塩、こしょう、A、冷ました玉ねぎをボウルに入れてよく混ぜて合わせる。

3. 4等分にして、1つずつ両手キャッチボールで空気を抜く。 ハンバーグ形にまとめて、真ん中をくぼませる。

4. フライパンを熱し、油を入れ、ハンバーグを並べる。色がついたら裏返し、さらに2分ほど焼く。

5. お湯1カップ弱を回し入れ、ふたをして、火を強火近くにして蒸し焼きにする。 中まで火が通り、水分がすっかりなくなったら火を止める。

6. ソースを作る。 フライパンに、ソースの材料全てを火にかけて煮る。

◇◇◇

夫も私も、もし息子が反対したら結婚は止めようねと思っていたのですが、息子は私達に何の反対しませんでした。

むしろ彼の存在が、私達が家族になるということを決めるまでの背中を大きく押してくれたと感じています。

次の記事はこちら:朝食は俺が作るから、年老いても毎朝一緒に食べよう

関連記事:つなぎとしても超優秀!「れんこんパウダー」でふんわり肉だんごレシピ

キッチン夫婦

50代夫と40代妻、大学生の息子の3人家族。ステップファミリー(子連れ再婚家族)になって6年目。4年前から"おいしいで今日も仲良し"をテーマにブログ「キッチン夫婦」を夫婦で運営。主に日々作った料理と家族の日常をのせています。また、地元東北のおいしい食材を伝えたい思いも強く、ブログを続けている動機の一つです。夫婦それぞれが家族を思って作る料理、一緒に食事をすることで生まれる話題や会話を大切にしています。そのことが私達家族の気持ちにつながりができることを実感してきたからです。いつか本当の家族の『絆』ができることを願いながら。いつか将来息子がこの家族を振り返る時期がきた時に笑顔が思い浮かぶように。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
PAGE TOP