「今年の目標」を達成しやすくする4つのポイント/中道あん

pixta_36972687_S.jpg

あけましておめでとうございます。

「女性の生き方ブログ!50代を 丁寧に生きる、あんさん流」主宰の中道あんです。

 

前回のエピソード:その道具、本当に必要?私が100円均一の誘惑から覚めた理由

 

皆さんは一年の目標を決められたりしますか?
決める場合、毎年の達成率はいかがですか?
新年に目標を定めても春になる頃には諦めてしまっている事はないでしょうか?

達成率0%。
私も以前はそうでした。

なので、今はいくつか達成率を上げるためのポイントを意識していますので、今日はそれをご紹介したいと思います。

 
1.毎日使う手帳に、一年間どの点に力を入れて過ごすか抱負を記す

企業でいう経営指針みたいなものですね。

頭で想い描くだけではなかなか継続は難しいものです。
一か月もすれば、「あれ?なんだっけ?」となる可能性もあります。
視覚化して常に意識できる環境をつくることで、具体的な行動に繋げます。

毎年、大体3〜5個程度でしょうか。
具体的にチャレンジしたい事、やらねばならぬ事に優先順位をつけて書き記します。

目標は高くて大きい方が立派で達成感はあります。
しかし、実際取り組む際は、辛くないでしょうか?
目標が大き過ぎると、それがプレッシャーになります。

そして、挫折しやすいのです。
始めは小さな習慣的な事を目標にして達成感を味わい成功体験を得ることをオススメします。

 

2.目標を決めたら、家族や職場の人など、周りの人に「宣言」する

私の初めての新年の目標は、「一年間スーパーではエコバッグを使う」というものでした。
職場で宣言して、賛同者を求めましたら笑われてしまいました、それでも良いのです。
目標を宣言すると、アドバイスや力を貸してくれる人が現れたりするかもしれません。

結果的に、この年はこの目標のおかげで家庭ゴミを減らすに成功しました。


3.目標は具体的な行動に落としこむ

よく、「○kgダイエットする」や、「貯金を○万円増やす」といった具体的な数値を目標に掲げがちですが、数字にこだわりすぎると、追われるようで苦しいものです。
なので、
・週末の楽しみのスイーツは月一回に減らす
・通勤は一駅手前で降りて歩く
・ランチは外食せず手作り弁当にする
など具体的な行動の習慣を変えることを目標とする事が、無理なく達成するための近道です。

 

4.目標はまず一つから!

そして、あれもこれもと欲張って多くの目標設定をすると、かえって疲れきってしまい達成できない事が多いです。

また、出来た事よりも出来なかった事にも目が行きやすいので、目標は1つから始めることをお勧めします。

取り組みやすく、かつ習慣になりやすい方が成功を経験できます。

そうして回数を重ね意思の力を鍛えていくことが、達成率UPに繋がるのです。

経験を重ね、目標が増えてくると、未達成でも気にしないことも必要です。

本当に必要なら翌年に持越しすれば良いのです。
そういう私も、昨年は目標だった家の修理に全く手をつけず仕舞いで、残念なことに更に修理が必要な場所が増えてしまいました。

今年こそはと、春までにショールーム見学を予定しています。

 

年々月日の流れが速いと感じるこの頃、意識して日々を積み重ね成長ある一年にしたいと思います。

次の記事はこちら:凝り固まった体と心を解きほぐす。ふらっとひとり温泉旅のススメ

◇◇◇

中道あん
女性の生き方ブログ!50代を 丁寧に生きる、あんさん流」主宰。Ameba公式トップブロガー。結婚22年で夫と別居。自立した人生を送るため、正社員として働きだしました。社会人の長男、大学生の長女と同居しています。要介護2の実母は3年半同居生活の後有料老人ホームにて暮らしております。
50life_cover-obi.jpg

『50代、もう一度「ひとり時間」』(KADOKAWA)

20代で結婚、2男1女を授かり、主婦として普通に生きてきた。でも50代になると人生の転機が頼まれもしないのに訪れる。夫との別居、母の介護、女性としての身体の変化、子どもたちの成長。そこから見つけた「ひとりの楽しみ」をあますところなく伝え続ける、「あんさん」流のアラフィフライフ。50代からの人生を前向きに過ごすためのヒントが満載。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP