母は覚えてくれていた!幼心に嬉しかった「ズボン」の思い出/中島めめ

毎日04--仕上げ.jpg

毎日4-2--仕上げ.jpg

こんにちは。中島めめです。今回は母との服にまつわる思い出の話です。

前回のエピソード:母はいつも大荷物と共にやってくる/中島めめ

私の母は昔から派手で変わった格好をしていて、私自身は身なりにあまり関心がなく目立たない服装をしていたのですが、ある時珍しく「こんな服が欲しい!」と思う事があり、母に頼んでみたのです。好きだった漫画の登場人物が乗馬ズボンのようなものを穿いていて、それがとても素敵で、「自分もこんなズボンを穿いてみたい!」と思ったのでした。

でもそんな変わったデザインのズボンは近所には売ってなくて、母から見たらとび職の職人さんのズボンにしか見えなかったようで、なんだか恥ずかしくなってそのままその話は終わったものと思っていました。

ところがそれからしばらくして、母が「いいものがあるよ」と言って、理想どおりのズボンを私にくれたのでした。母は電車で街に出かけ、いろいろな店を回って私の描いたイラストに似たズボンを探して見つけてきてくれたのです。私の好きなウグイス色(今思うと微妙ですが・・・)でかわいい刺繍も入っていて、想像以上に素敵なズボンに大喜びしてしばらくはそればかり穿いていました。(ただそれ以来洋服への情熱が蘇る事はなかったのですが)

今自分が母となって子供たちに洋服を買う時はつい着回しやすさや洗濯が楽なものを、という目線で選んでしまいがちなのですが、この話を思い出すたびに、時にはそういう事を気にせず子供の気に入ったものを選ばせてあげたいな、と思うのでした。

中島めめ

アメブロ公式トップブロガー。家族との笑いの絶えない日常を描いたブログが月間200万PVと人気に。超インドア派で子どもの頃は「ハイジが来る前のアルムおんじ」のような人生を送るのだろうと想像していたが、実際はまったく違う日々を送る。
食品サンプルやドールハウスのミニチュア小物が大好き。

50life_cover-obi.jpg

『たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット