「それあるぞ...!」子どもの突拍子もない発想にも付き合ってくれた母/中島めめ

毎日03ラフ修正仕上げ- (1)2.jpg

こんにちは。中島めめです。今回は、母との思い出についてです。

前回のエピソード:母はいつも大荷物と共にやってくる/中島めめ

私が子供の頃、母は革の小さなアクセサリーや粘土のブローチなど、小物作りに凝っている時期がありました。

私と妹も母の真似をしていろいろなものを作らせてもらって、それがとても楽しかったのを覚えています。

特にパン粘土という小麦が原料の白い粘土で小さな人形や食べ物を作るのが大好きでした。色を塗ってニスで仕上げると艶が出てとても綺麗になるのです。

ある日、私が妹と二人でパン粘土の人形を作っていて、ふと「これを昔の時代の人っぽく作ってどこかに埋めておいて、"いつか未来に掘り出した人が大発見だ!"って驚いた

ら面白いな」と思いつき、ワクワクしながら髷を結った人形や馬などを作り、母に見せたのです。

私たちの目論見を聞いた母は、大真面目に「そりゃすごい!」と感心してくれて、姉妹で興奮しながら縁側の下に人形を埋めたのでした。

母はとってもいい加減ですぐ悪ノリする人なので、当時の私たち姉妹を面白がって見ていただけなのかもしれませんが、私がどんなに突拍子もない事を思いついても「それあるぞ・・・!」という感じで否定せず真に受けた(フリ)をしてくれていたので、いろいろな事を空想しては妹と盛り上がったものでした。

毎日03ラフ2仕上げ-- (1).jpg

50歳近くなった今でもその頃空想した秘密の話を思い出すと、もう戻れないけど確かに感じたあのワクワク感がふと蘇ります。そんな思い出があってよかったな、と思います。

私も子供たちの話を大真面目に聞く母でありたいです。(できるだけ・・・)

次の記事はこちら:母は覚えてくれていた!幼心に嬉しかった「ズボン」の思い出

中島めめ

アメブロ公式トップブロガー。家族との笑いの絶えない日常を描いたブログが月間200万PVと人気に。超インドア派で子どもの頃は「ハイジが来る前のアルムおんじ」のような人生を送るのだろうと想像していたが、実際はまったく違う日々を送る。
食品サンプルやドールハウスのミニチュア小物が大好き。

50life_cover-obi.jpg

『たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP