【ワガママ夫】嫌いな料理は捨てたこともあるワガママ偏食夫。でも孫の前では見栄を...!?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:くもりのち晴れ
性別:女性
年齢:65
プロフィール:78歳の夫と2人暮らしの会社員です。

52.jpg

私の家では、食事中に臭いを発する調理品は出せないことになっています。

78歳の夫が、ニンニクや焼き魚、納豆の臭いに敏感で、これらの臭いをかぐと食欲が減退するからです。

私はほとんど嫌いなものはなく、カレー、炒め物、お肉などには隠し味でニンニクを使いたいのですが、夫の口には合わないようです。

夫は海辺で育ったのですが、不思議なことに魚が大嫌いで絶対に食べません。

以前、偏食が激しく、嫌いなものは見るのも嫌だというわがままな夫に嫌気がさし、わざと夫の目前で焼き魚を食べようとしたことがありました。

料理を並べた途端に「気持ちが悪い! もうご飯はいらない!」と、夫は自分の食事を流しにバッサリと捨ててしまいました。

キムチに至っては「どこか、よそで食べてくれ」と言い出す始末です。

ただ、ラッキョウも立派に臭いと思うのですが、ラッキョウは大好きで、瓶漬けしてくれとせがんできます。

また、夫はスルメが大好きで、居間でおやつに食べています。

私にすればスルメのほうが臭いのですが...。

何はともあれ、人の嫌がることをあえてする必要もないし、まして欲しいものを我慢する必要もないので、私が臭いのきつい料理を食べたいときは、外で買ってきて家の裏に出て食べることにしています。

家の裏はドアのない倉庫のようになっていて、私専用のテーブルを置いています。

となり街で暮らす70代の姉にLINEで自撮り写真を送り、「野菜とお肉のニンニクどっさり炒め、なう!」とコメントを入れると、お腹を抱えて笑うスタンプが返ってきます。

また、臭いがきつい料理はできませんが、瓶入りガーリックなどは調味料の引き出しに備えています。

40代と30代の子どもたちには偏食のない食育をしてきたので、夫ファーストの食生活に同情してくれています。

ところが、近ごろはこんなこともあるのです。

夫でも孫はかわいいらしく、別居中の子ども家族が来たときは、嫌いな食事が並んでも黙認しています。

そして、皆の食事が終わるまで自分の食事に箸をつけようとはしません。

好き嫌いするのを見られたくないのでしょうね。

小学生の孫・Hに「じいちゃんはどうしてみんなと一緒に食べないの?」と聞かれると、「じいちゃんは、後でH君たちの残った物を食べるから」とうまく言い逃れています。

私は笑いをこらえるのに必死で、夫の偏食を知っている子どもたちは苦笑いしながら、「Hたちはいっぱい食べてじいちゃんと早く遊びなさい」と取り繕ってくれます。

皆の食事が終わって、臭いの発するものを全て片付けてから夫の食事が始まりますが、孫たちにせかされてそそくさと済ませています。

その姿をちょっぴり意地悪な気持ちで微笑ましく見ています。

人気記事:夫の実家の異様な食事風景。座ることも許されず壁に向かって立たされた私《かづ》
人気記事:《漫画》86歳義母と同居する60歳主婦の私。義母の介護が始まってからの生活は...<前編>
人気記事:《漫画》家族の前で「もう生理は始まったの!?」10歳娘に言い放った義母にドン引き...<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

好き嫌いは仕方ない部分もある。けど、流しに捨てるのはありえない。育ちが悪すぎるわ。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP