やっぱり怖い女性の職場!あからさまに私だけおやつが配られない

5.jpg

ペンネーム:ナナ
性別:女
年齢:56
プロフィール:現在、派遣会社の紹介で総合病院に週1日で勤務しています。そこで、いまだに理解できない出来事がありました。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

派遣会社の紹介で2年前から週1日、総合病院に勤務しています。私は、医師秘書の部署に配属され、そこには、私の他に常勤の30代後半から40代後半の女性9人が所属しています。この部署は、それぞれ医師別に役割が分担され、私の場合は、副院長のみのサポートなので週1日でいいのです。

最初から、派遣会社の担当者に「人間関係がいろいろあるみたいで」とは説明されていたのですが、週1日だし、私も派遣歴約20年。今まで沢山の職場を経験しているので、いろいろあるのは当然、そんなの慣れている、くらいにしか思っていませんでした。とは、言っても気を付けておくに越したことはありません。

当初、私に仕事を教えてくれた30代後半のAさんは、とくに愛想が良いという訳ではありませんが、すべてにおいて丁寧に説明してくれました。

40代初めのBさんは、とても愛想が良く、感じのいい雰囲気ですが、他の部署の人の悪口を言うことが多く、彼女と仲の良い者同志で激しく文句を言っています。しかし、これらは、どこの職場でもよくある話ではあります。

部署内も、皆それなりに会話をしながら仕事をしていたので、違和感のない雰囲気。自分も沢山ではありませんが、それなりに話はしているし人間関係が難しいような事は感じませんでした。

まあ、食堂に行けば9人の中で、それぞれ仲がいい者同志で食事をします。ただ、たまたま1人で食べていた人がいたとして、他のグループの人と一緒に食べようという感じにはならないようです。食事は基本的に交代なので、私は自分の都合のいい時間に食堂で、自分が作ったお弁当を一人で食べています。正直、一人が気軽で楽です。

そんな中、事件は今から2カ月前に起こりました。ある医師がたい焼きを20個皆で食べてねと持ってきてくれた時のことです。愛想のいいBさんはとても喜んで、「わぁ~、20個もあるよ。黒あん10個と白あん10個。1個ずつ分けられるね」と、言いながら2~3人で取り分け、いない人には、その人の机の上に置くなどしていました。

そして、皆が帰ってきて「たい焼きやん! 美味しそう」と、盛り上がり、「あたたかいうちに食べようよ」と、皆で食べ始めていました。

ですが、実は私は、20個もあって1個も貰えなかったのです。正直びっくりしました。別にたい焼きが食べたかった訳ではありません。堂々とされてしまったその行為に戸惑いを隠せませんでした。普通、私の分がないのならば、分からないようにこっそりと分けるのが今までの経験。しかも、30代後半から40代後半のいい大人が誰一人、この状況に何も思わなかったのか、異様な怖さも感じました。私は、目のやり場もなく、黙々と仕事をするのみでした。

ところが、その日の仕事が終わり、大人しそうなCさんが、ロッカーの前で立っていて、私の姿を見るなり寄ってきて、「私、食べないのでどうぞ」とたい焼き2個を渡してくれました。もちろん「いいですよ」と断ったのですが、無理やり手渡す感じで去っていきました。この行為にも困惑してしましました。

いい大人が9人もいて、こっそり分けることぐらい気付くよね。これって、もしかして、嫌われているってこと。だから、わざとされたのか。

そうだとしても、何が原因で嫌われているのか、どう考えてみても見当がつきません。私が、彼女達と話す時は日常的な内容で、人のことを話題にしたことも一切にありません。皆から嫌われているってことなのか、それとも一部に嫌われ、誰も何も言えない状態なのか。なぜ、Cさんだけは、私にたい焼きをくれたのか。考えれば、考える程分かりません。

その後は、普通にしていますが、いまだに彼女たちの真意が分からずモヤモヤしている状態です。たった週1日の勤務でも、それ以来何となく苦痛になっています。

関連記事:大切な人ほど距離を保つ。女だらけの職場で学んだこと/中道あん

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP