【59歳夫の浮気疑惑】必ず「毎週月曜日、午後6時」に出かける夫。モヤモヤを募らせ、ついに調査開始

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さくらみちこ
性別:女性
年齢:55
プロフィール:孫の一言がきっかけで始まった私のモヤモヤ。それはまさかの形で...。

63.jpg

技術職の夫(59歳)、ライターの私(55歳)、16歳で結婚して出産し、現在はシングルマザーの長女(28歳)、2人の孫(11歳と8歳)で同居しています。

そんな我が家で2年前に起きた出来事です。

ある夏の日から、夫が「コンビニに行ってくる」と出かけるようになりました。

決まって毎週月曜日、午後6時です。

この習慣が始まったのが多分春ごろで、気づいたのは小学校3年生の上の孫でした。

「じいじは月曜日にいつも出かけてる。だいたいこの時間」

サスペンスドラマみたいな口ぶりで、そう私に伝えてきました。

「超真面目なじいじが、毎週月曜日に出かけているのはどこに? 何しに?」

このとき以来、夫の行動は家族全員の興味の対象になりました。

最初はまったく気にしていませんでしたが、次第に気になり始め、ついには「月曜日の夫はなんだかとってもうれしそう」と感じるようになったのです。

段々と私のモヤモヤが猛スピードで加速。

もう放置はできませんでした。

ということで、ここは直球勝負。

「なんで毎週コンビニ行くの? なんで夕方6時なの?」と聞いてみました。

夫は「なんとなく...」とか「おつまみが...」など、歯切れの悪い返事を返してきます。

これは怪しい。

「浮気?」とか「お気に入りの店員さんがいるの?」など、しょうもない想像が頭に浮かぶようになり、私のモヤモヤは最高潮に達しました。

ここは行動あるのみ。

探偵みたいにこっそり夫を追跡することにしたのです。

そうしてやってきた次の月曜日。

いつも通り夕方6時が近づくと、やはり「コンビニ行ってくる」と玄関に向かう夫。

やっぱり嬉しそうでした。

「いってらっしゃい」とか言いながら、すかさず私も行動開始です。

バッグをもって玄関に向かい「よし!」と気合を入れたその瞬間、出かけたはずの夫が帰ってきたのです。

「マイバッグ忘れた」と言いながら。

玄関で鉢合わせし、少し驚いた表情の夫が「買い物? 何がいるの?」と聞いてきたのですが、とっさに何も浮かばない私。

しどろもどろした後、素直に聞くことにしました。

「毎週月曜日、夕方6時にあなたがお出掛けするのが気になっています。それは女性関係かもと疑っています。それを確かめたくてあなたを追跡調査するところでした」

これを聞いた夫はあきれた表情に。

そして、仕方がないと言いたげな様子で真実を話してくれたのです。

「実は、毎週月曜日はマンガ雑誌の発売日。それを読みたくて。夕方6時なのはみちこさん(私)がご飯を作ってる時間で抜け出しやすいから」

以前は、そのマンガ雑誌を喫茶店で読んでいたそうです。

しかし、コロナ禍で喫茶店に行くことがなくなり、同時に目的のマンガ雑誌が読めなくなったので、コンビニで読むようになったのだそうです。

なんじゃそりゃ。

「いやいや立ち読みはダメでしょ。家で読めばいいのに」

「それはイヤだった。いい年だし、孫もいるし。みんな笑うだろうし...」

なんて話をしていたら、突如下の孫が乱入。

「だからじいちゃん、あの船長がどうなるか知ってたの!?」

とてもうれしそうに夫に聞いてきました。

これが完璧な助け舟となり、夫の浮気疑惑はあっさり解決。

私は心底ホッとしながらも、「私のモヤモヤどうしてくれる?」となり、つい「家で読みなさい!」と叱ってしまいました。

人気記事:母が救急外来へ。病院へ行くと顔が腫れあがって...。そして改めて感じる介護施設の温かいケア《中道あん》
人気記事:《漫画》止まらない涙...10歳の私が「酒好きの父」を避けるようになった母の誕生日での出来事<前編>
人気記事:《漫画》「命を削ってでも孫の面倒を見る!」弟の妻が亡くなり80歳両親が「子育て」に奮闘!?<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

少年誌ですか。そんなことでそんな疑いをもつなんて旦那様は若い頃は余程の遊び人か投稿者さんが自分に自信がないんですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP