【本当にあった怖い話】ガタガタガタ...隣に誰もいないトイレで何が。数年後、現場を訪れたら...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ラズベリイジャム
性別:女性
年齢:52
プロフィール:夫(59歳)と娘(18歳)と愛猫2匹で暮らしています。長女(23歳)は社会人になり独立! 52歳で再就職したアクティブ主婦です。

23.jpg

私が小学校5年生だった頃の話です。

その日は日直で、放課後に教室の後片付けをして日誌を書いていました。

4時を過ぎる頃、いつもならその時間にも同級生が校舎にいるのですが、その日はなぜか私1人です。

なんとなく怖くなって早く帰りたかったのですが、トイレに行きたくなり、仕方がなく向かうことに。

そのトイレは和式で、ドアに背中を向けてしゃがむタイプです。

用を足そうとしていると、でカチャンとペーパーホルダーの音がしました。

「あ~誰かいるんだ」とホッとして、一旦外に出て隣のトイレを見たのですが誰もおらず、扉が開いています。

不思議だなと思いつつ、もう一度トイレをしようと鍵をかけました。

ふと下を見ると、のトイレに黒い影がすっと通ります。

不思議に思った私はトイレどころではなく、隣を覗きました。

やはり誰もいません。

夕方のトイレはだんだんと薄暗くなってきて、怖さも増してきました。

用を済ませてさっさと帰ろうと思いトイレにかがみます。

すると突然、私の真後ろの扉が、誰かが両端をゆすったようにガタガタガタと揺れ始めました。

誰もいないはずなのに...! びっくりした私はトイレを急いで済ませて飛び出しました。

飛び出した後、その階を一周してみました。

もしかして、誰かがいたずらをしたのかもと思ったのです。

走りながら人を探したのですが、私以外は誰もいませんでした。

古い小学校で七不思議等の話があったものの、それまでは本気にしたことがない私でしたが、あまりの怖さに走って家に帰りました。

親に話そうかと思いましたが、誰も信じてくれないだろうと自分だけの秘密にしました。

それから数年がたち、私が16歳になったときのことです。

近所の和菓子店でアルバイトをしていて、そこには私と同じ小学校に通ってる娘さんがいました。

ある日、怖い話をその子にせがまれたので、昔自分がトイレで体験した怖い話をしたところ、不思議そうに聞いてきました。

「おねえちゃん、今話してくれたトイレって、3階の右から3番めで左から2番目のトイレ?」

私は場所まではっきりと覚えていました。

「そうだよ。よく知ってるね」

「今ね! そのトイレね! バッテンでテープが貼られて立ち入り禁止って書いてあるんだよ」

え...と何秒か固まってしまった私。

あの後に何かあったのかもしれません。

怖い! 改めて自分に何も起こらなくてよかったと思い、冷や汗が出ました。

あまりにも気になったので後日、恩師を尋ねて学校へ行きました。そしてそのトイレも覗いてみたところ、娘さんが言ったようにテープが貼られ、立ち入り禁止と書かれていました。

急いでその場を立ち去りましたが、あの体験をしたときよりもずっと怖かったのを覚えています。

間違いなく「立ち入り禁止」と書いてありました。

トイレで怖い体験をしたときよりも恐ろしい瞬間でした。

人気記事: 《漫画》86歳義母と同居する60歳主婦の私。義母の介護が始まってからの生活は...<前編>
人気記事: 《漫画》自分のミスはヘラヘラごまかす20歳年上の神経質夫。それを見た娘が鋭い一言を!<前編>
人気記事: 《漫画》「命を削ってでも孫の面倒を見る!」弟の妻が亡くなり80歳両親が「子育て」に奮闘!?<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP