「大っ嫌い!知らんかった?」同居20年にして義母に叩きつけた言葉/ゆるゆらり

五年前、引きこもり主婦歴20年の殻を破って、介護士に転身したのですが、働き始めて二年目にまたもや転機が!!

前回の記事:アラフィフ専業主婦が姑&小姑の態度に一念発起!ヘルパーおかん誕生

なんと、今度は自分名義のマンションを借りて、プチ独立したのです。
2・a.jpg

自分用のワンルームマンションを借りたきっかけは、義妹が絡んだ些細な出来事でした。

それは、以前までの我慢癖が染み付いた私ならスルーできた義母の一言。遊びに来ていた義妹が帰る時に顔をださなかったと、咎められたのです。

「嫁は自分たちに気を使え!」と押さえ込まれていましたが、この時、何かがはじけ飛んだのです。

長年の我慢が、爆発したおかん、ついに日頃思っていた正直な思いを、義母に叩きつけたのでした‥これ、多分、言うたら終わりのやつです。

2-b.jpg
自分たちの言いなりだと思っていた義母は大ショック。そして、80歳を超え、身体も心も衰えつつある中、立場は逆転していたのです。

その日から、わずか数日で、近所の駅近物件を予約‥行動速っ!!
2-c.jpg
なかなか行動に移せなかった私が、ここまでアグレッシブになれたのは‥姑&小姑の理不尽な束縛を突き破りたかったからで‥もし、その思いがなかったら、未だに専業主婦でのんびり過ごしていたかもしれません。基本、怠け者なんで。
2-d.jpg
そこで、ハタと気がついた!!
2-e.jpg

次の記事はこちら:50代、無資格未経験からの出たとこ勝負で就職! 同居の姑の意外な反応は...

関連記事:孫に買い与えたヨーグルト代も請求!同居する義母の徹底した節約精神

ゆるゆらり

ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP