知っておきたい!靴箱に靴を2倍収納できるテク&自家製消臭剤

180614_kutsu_01.jpg

家の収納で、意外と悩みがちなのが靴箱。玄関に靴を並べっぱなしだとみっともないし、かといって靴箱にはもう入らない... と困ってる人も多いのではないでしょうか。そんな時は、靴の収納テクニックを駆使しましょう。

オネえもんズが靴を2倍収納できるテクニックを公開

以前放送された「あのニュースで得する人損する人」(日本テレビ系)では、靴箱の悩みがなくなる裏技が登場。"オネえもんズ"こと双子タレントの広海深海が、靴箱の収納テクニック"オシャレかけ算"を披露しました。

まずは"ワイヤーハンガー"と"靴下"を使った収納技から。オネえもんズはハンガーを半分に曲げ、引っかける部分も内側に折り曲げV字の状態に。このハンガーに長めの靴下を被せたら、"コンパクトシューズハンガー"の完成。片方の靴はひっくり返してハンガーに被せ、もう片方の靴をV字の間へ入れれば片足分の幅で1足を収納できます。ここでのポイントは、V字の付け根に靴下のかかと部分を合わせること。こうすることで、靴を傷つけることなくコンパクトな収納が可能に。

さらにオネえもんズは、"突っ張り棒"とクリーニング店でスカートを出したときにもらえる"スカートハンガー"のオシャレかけ算も披露。まず靴箱の棚を外して、突っ張り棒をつけます。そしてスカートハンガーにロングブーツを挟んで、突っ張り棒に引っかければ完了。ブーツにシワをつけることなく収納できます。

これらの知って得する収納テクニックに、視聴者からは「靴の収納めんどくさいけど、これはハンガーでできるからいいね」「オネえもんズを見てブーツハンガー作った。奥行に乏しいクローゼットの収納力がアップ!」「かけ算収納か... 収納苦手だからよく見とかんと。オネえもんズの収納テクすごすぎ」といった声が上がっていました。


家事えもんが"自家製消臭剤"の作り方を伝授

さらに番組では"家事えもん"こと松橋周太呂さんが、靴箱の消臭剤の作り方を公開。用意するものは"プリンのカップ"と、ケーキなどを買った時についてくる"保冷剤"の2つだけ(保冷剤は"吸水性ポリマー"という素材を使用したもの)。

作り方はいたって簡単。保冷剤の袋を切ったらプリンカップに入れ、中身が出ないようにラップをかけて爪楊枝で穴を開ければ完成です。保冷剤に使われている吸水性ポリマーには非常に細かいくぼみが無数にあり、そのくぼみに空気が触れると臭いのもとになる原因物質だけを吸着して消臭してくれるのだとか。

そして、この消臭剤をオネえもんズがアレンジ。プリンのカップをガラス瓶に入れ替えて絵の具を使って青く色付けし、中にビーズやビー玉を入れて可愛くてオシャレな消臭剤へと変身させました。

自家製消臭剤というアイデアに視聴者は驚いたようで、SNSには「保冷剤にそんな効果があるの知らなかった! すごいアイデア! 高吸水性ポリマーの保冷剤ね」「保冷剤が消臭剤になるのか... アロマオイルを垂らせば消臭芳香剤としても使えそう」「保冷剤の中味を絞り出して靴棚の中へ。不用品活用にしてはなかなか効果あり!」など好評の声が上がっています。

ちょっとしたアイデアで靴箱がキレイになる裏技たち。今すぐ実践できるテクニックを試してみてはいかが?

文/藤江由美

関連記事:「私って幸せかも!?汚家を片付けて幸福度がアップした理由/ゆるりまい」

PAGE TOP