花金、アベック、ヤング... "死語"だと思う言葉ランキングTOP10

180601_sigo_01.jpg

以前は当たり前のように使っていたのに、今では全く使わなくなった言葉はたくさんありますよね。そんな使われなくなった言葉"死語"には、一体どんなものがあるのでしょうか。


"アベック"を知らない人が続出!?

5月18日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)では、"「死語」だと思う言葉"ランキングを紹介。ランキングは40~50代女性から聞いた死語を対象とし、番組出演者たちが1~10位を予想しながら回答していきます。

まず最初にランキングを当てたのは、お笑い芸人の南原清隆さん。南原さんは第2位の「チョベリグ」に続いて、第8位の「だっちゅーの」も予想を見事に的中させました。

次にモデルの河北麻友子さんは、第6位の「アッシー」を回答。「アッシー」は女性のために送迎する男性を指した言葉で、他にも尽くす男性にはカセットテープをダビングしてくれる男性「テープくん」などの言葉もあると番組内で解説されました。しかしネット上では、「バブル世代だけどテープくんて聞いたことない」「テープくんって何?」「アラフォーだけど、テープくんなんて言葉あったっけ?」などテープくんに対する疑問の声が続出。

続いて第3位にはカップルの意味を持つ「アベック」がランクイン。元アイドリング!!! の朝日奈央さんは「何ですか? アベック知らない」とアベックそのものを知らなかった様子でした。番組を見ていたTwitterユーザーも「アベックって初めて聞いた」「アベックって聞いたことあるけど、意味は知らないや」などの声が。昔はよく使われていた言葉も、今では聞き馴染みのない言葉として見られているようですね。


「リア充」「写メ」までもが"死語"扱い

南原さんが第1位の「ナウい」を言い当てたところで企画は終了。最後まで答えられなかった死語の中には、「KY」「花金」「とっくり」「ヤング」「バッチグー」などがランクインしました。「KY」や「バッチグー」が発表されると出演者たちは「あ~」と納得していましたが、「とっくり」や「ヤング」に関しては「え~」「難しいよ~」とあまりピンと来なかった様子。

番組の視聴者からは、「花金ってよく聞くけど死語なの?」「ランクインしてる死語、私ほとんど使ってるやつだったわ」「そりゃ若いやつはわからないだろ」などの様々な意見が見られました。

さらに2月に投稿されたある女性向けの掲示板でも、"死語だと思う言葉"をテーマに多くのコメントが寄せられています。例えば「そんなバナナ」「よっこらしょーいち」「ばたんきゅー」をはじめとして、なんと「リア充」や「写メ」などの普段何気なく使っているような言葉までもが死語としてラインナップ。

今当たり前に使っている言葉も、いずれ死語として人々の会話から消える日が来るのかもしれませんね。

文/藤江由美

関連記事:「お小遣いをためて買ったレコード。思い出の曲『Mr.ブルー ~私の地球~』」

PAGE TOP