サバ好き注目!サバに特化した日本酒"SABA de SHU"が話題に

1800601_saba_01.jpg

お酒好きにとって晩酌は至福の時。おいしいつまみを片手にお酒を飲む時間は、大人ならではの楽しみですよね。今回は、"サバ"のよく合う日本酒についてご紹介。おいしいつまみとお酒の組み合わせで、晩酌の時間をもっと贅沢に過ごしましょう。


サバ好きにはたまらない日本酒が誕生!

先日Twitterで注目を集めたのが、サバ専用の日本酒"SABA de SHU"。サバをよりおいしく食べるために作られた日本酒で、「こんなのあったんだ!」「普通の日本酒でも合うのにさらに合うの!?」と話題になっています。

開発したのは、サバの水揚げ高日本一を誇る茨城県の吉久保酒造。3月8日の"サバの日"に合わせて"SABA de SHU"の販売を開始しました。多種の日本酒をブレンドして作った"SABA de SHU"には、サバにマッチするさまざまなヒミツが。サバの脂を洗い流しうまみをより楽しめる味わいで、通常の日本酒より酸度やアミノ酸が高いのが特徴です。

サバだけに特化した珍しい日本酒に、ネット上では「サバ大好きだからぜひ飲まなきゃ!」「塩サバを食べながら飲んでみたい」など興味を示す声が続出。実際に飲んだ人からは「この前試してみたけどサバの味噌煮とよく合う」「シメサバやサバの串焼きをつまみに飲んでみたら、めちゃくちゃおいしかったよ」と絶賛の声が見られました。

"SABA de SHU"は飲食店などで提供されているほかに、オンラインショップなどでも購入可能。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。


肉専用の焼酎も!?

さまざまな食材に合わせてお酒を楽しむ人は多いようで、SNSなどでは「牡蠣にはワインが最高に合う」「辛口の日本酒を飲みながら酒盗をつまむのが最高」「やっぱりから揚げとハイボールでしょ!」といったお気に入りの組み合わせが見られました。

そんな中話題にのぼったのが、肉専用の焼酎"29(にじゅうきゅう)"。「肉に合う!」を追求した本格米焼酎で、屋久杉の香気が瓶内に閉じ込められています。肉の素材を引き立てるスッキリ&さわやかな味わいが特徴で、実際に飲んだ人からは「肉の風味を損なわなくておいしい」との声が。これまで"肉といえば赤ワイン"と思っていた人も、試してみると新しいおいしさに出会えるかもしれませんよ。

おいしいお酒とつまみがあれば、晩酌の時間はより贅沢になるもの。たまには組み合わせにこだわって、家族やパートナーとゆったりとした時間を過ごしてみては?

文/藤江由美

関連記事:「家でもアウトドアでもおいしいビールが飲みたい! 家庭用ビールサーバーの「実力」は?/ネットランキング」

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット