マウスは不要。キーの操作だけでメールを作成・送信する方法/時短術大全

56.jpg

あなたは自分の時間を有効に使えていますか?
仕事時間を1日10分短縮できたとすると、1年間で40時間の短縮になります。すると5年で200時間、そして10年では400時間も短縮できるのです!
時短術の集大成となる1冊「時短術大全」から、ビジネスに役立つテクニックを連載でお伝えします。
未来のために、今できる小さなことから始めてみましょう!

◇◇◇

前の記事「ネットで見たキーワードを瞬時に調べる方法~PC効率化/時短術大全(55)」はこちら。

◎パソコンをより効率的に使うテクニック

1.メールを即座に「返信」「転送」する

届いたメールに即座に返信するときには、「ホーム」タブにある「返信」をクリックすればいいが、同様の操作をキーボードで簡単に行いたい場合は[Ctrl]+[R]キーを押す。すると、宛名が入った状態の返信用のメールが作成される。
また、届いたメールを相手ではなく、別の人に「転送」したい場合、こちらも「ホーム」タブにある「転送」をクリックするだけでなく、[Ctrl]+[F]キーでも同様の操作が可能だ。なお、転送の場合、宛名の部分は空で、件名の先頭には「転送」を意味する「FW:」がついた状態で現れる。

 

2.インターネットの閲覧履歴を表示する2つの方法

少し前に見たウェブページをもう1度見たいと思ったとき、インターネットの閲覧履歴を表示させれば簡単に見つけられる。やり方は、Internet Explorerの場合だと「お気に入り」→「履歴」→「今日」の順にクリックする必要があるが、実は[F4]キーを押せば、アドレスバーに最近の閲覧履歴リストが表示される。
また、数日前にさかのぼって閲覧履歴を見たい場合、[Ctrl]+[H]キーを押すと一覧を表示させることができる。こちらはInternet ExplorerだけでなくGoogle Chromeでも使えるテクニックとなっている。

 

3.キーの操作だけでメールを作成・送信する方法

Outlookを使ってメールを作成・送信したいとき、マウスを使わずキー操作だけですべてを完了させることができる。まず、メールの作成は[Ctrl]+[N]キーを押せば新しいメッセージがポップアウト表示されるので、宛先に送信先のメールアドレスを入力。[Tab]キーを押すたびにカーソルが先に移動するので、件名、メッセージの順に入力すればいい。
送信する場合は[Ctrl]+[Enter]キーを押すだけ。初回はダイアログが表示されるが、このキー操作により一発でメール送信をすることができる。

 

4.ブラウザでお気に入りページを追加&表示する

閲覧中のページをお気に入りに追加&表示するためには、ブラウザごとに少し手順が異なる。Internet Explorerの場合、お気に入りに登録したいページを表示した状態で[Ctrl]+[D]キーを押すと、「お気に入りの追加」というダイアログボックスが開くので、保存先を選んで「追加」をクリックする。また、追加したページへアクセスするには、[Ctrl]+[I]キーを押すと画面右側にお気に入りバーが表示される。
一方、Google Chromeの場合、キー操作は同様だが、最後に「完了」をクリック。表示するには、右上の設定からブックマークを選択すれば、一覧が表示される。

  

syoei_jitan.jpg
『時短術大全』
(生産性改善会議 / KADOKAWA)
本書は仕事に関する時短術を集めた、集大成となる1冊。時間の使い方が圧倒的にうまくなる411のテクニックを集めました。仕事が早いか遅いかは、知っているか知らないかの違いだけ。時短術を活用することで、少しずつ自分の時間は増えていきます。そして、その効果は必ず将来あらわれます!

PAGE TOP