「あなたはお母さんではない」と言われたような気がして。人知れず流した涙/14歳男子の継母になった私

べにゆうさん(当時40歳)が結婚を決めた男性には、すでに14歳になる大きな息子がいました。初めての子育てなうえ、子どもは思春期の男子だったこともあり、苦労もひとしおだったとのこと。しかし、家族それぞれの個性を大切にし、お互いに理解を深めていった結果、べにゆうさん一家は時間をかけて「一つの家族」になることができたそうです。べにゆうさんの経験を垣間見ることで、改めて「家族のあり方」について考えてみませんか?

【前回】「俺のお母さんは一人だけ」実の母でない私にはあまりに重い、息子の言葉/14歳男子の継母になった私

「あなたはお母さんではない」と言われたような気がして。人知れず流した涙/14歳男子の継母になった私 14歳継母_人物紹介_001.jpg

産みの母親を「お母さん」と呼び、継母を「べにゆうさん」と名前で呼ぶ元気君。もともと父親の結婚に肯定的だった彼ですが、実は結婚前に「お母さんは今のお母さんだけ」という言葉を残していて...。「あなたはお母さんではない」と言われたような気がして。人知れず流した涙/14歳男子の継母になった私 第12話_004.jpg

「あなたはお母さんではない」と言われたような気がして。人知れず流した涙/14歳男子の継母になった私 第12話_005.jpg「あなたはお母さんではない」と言われたような気がして。人知れず流した涙/14歳男子の継母になった私 第12話_006.jpg


「自分の子どもを産む」夢は叶わなかったべにゆうさん。その分、元気君を大切にしたいと願う彼女でしたが、実は「お母さん」という言葉に悩み一人でもがき苦しんでいました。どんな形の家族でも、お互いを尊重し分かり合おうとする姿勢が大事なのかもしれません。


 

漫画:汐田まくら

原案:べにゆう(キッチン夫婦)【まとめ読み】40歳で14歳男子の継母になった私の記事一覧

71T4wa1PDyL.jpg

『14歳男子の継母になった私』

企画・原案: べにゆう(キッチン夫婦) 漫画:汐田まくら/KADOKAWA)

40歳初婚のべにゆうさんの元に夫が連れてきたのは、なんと14歳の大きな息子。「本当の母親でない」劣等感と、反抗期の子育てへの焦りを抱えながら、一つ屋根の下で始まった同居生活。2人"本当の家族"になれる日は訪れるのかー!?

▶Amazon(単行本)
▶Amazon(電子書籍Kindle版)
▶楽天ブックス(単行本)
▶楽天ブックス(電子書籍Kobo版)
▶Renta!
▶コミックシーモア
▶ebookjapan
▶BookLive!
▶BOOK☆WALKER

PAGE TOP