「生きる意味を、ぬくもりを、教えてくれたのは小さな相棒」/梅さんと小梅さん(7)

黒電話にサクマドロップス、お風呂で作るタオル風船......誰もが懐かしさに笑みをこぼしてしまう風景。昭和50年代の秋田県を舞台に、おばあちゃん梅さんと孫の小梅さんの物語が紡がれる『梅さんと小梅さん 親友はおばあちゃん』。その4月26日のコミックス発売を記念して、8日間連続で配信します! ほっこりしているうちに、ちょっぴりホロリ。そんなひだまりのようなあたたかな日々の物語をお楽しみください。

※この記事は『梅さんと小梅さん 親友はおばあちゃん』(ホンマ ジュンコ/KADOKAWA)からの抜粋です。

 

77.jpg79.jpg119.jpg141.jpg

 

次の記事「「大好きなふたりの離ればなれの1日」/梅さんと小梅さん(8)」はこちら。

この他の「梅さんと小梅さん」はこちら。

 

2f72b5306d41e89e04bc0c8081e4afd89aa01c0c.jpg

 

 

ホンマ ジュンコ

秋田生まれ・新潟育ち。二人の女の子の母。2016年に勤めていたデザイン事務所を辞め、フリーランスに。自分の幼い頃の思い出を元にポストカードに描いたイラスト『梅さんと小梅さん』をInstagramで更新し、人気を集める。


fd5b6a815c763eb07e7e3f1780b9c90b9a09f381.jpg

『梅さんと小梅さん 親友はおばあちゃん』

(ホンマ ジュンコ/KADOKAWA)

昭和50年代の秋田県を舞台に、おばあちゃんの梅さんと孫の小梅さんの日常を描いた物語。ノスタルジックなおもちゃやお菓子に、おばあちゃんの知恵袋も。Instagramで人気を集めたイラストに書き下ろし短編7話を加え、オールカラーで160ページにまとめました。いつも一緒、仲良しな2人の春夏秋冬に、癒されます。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP