キャシー中島さんが作る、3つおそろいでプレゼントしたい「三角ポーチ」

samune1.jpg贈り物をするとき、キルト作家のキャシー中島さんはいつも、それを使う人の暮らしを思い浮かべてみるそうです。かわいいだけではなくて、本当に役立つものを差し上げたい...。そんな思いから生まれたポーチを紹介します。(写真左がキャシー中島さん、右は息子さんで手芸家の洋輔さん)

 

1804p100_01.jpg

三角ポーチ
「手のひらに収まってとても使いやすいポーチです。三角の形がヨットの帆みたいだから、バトー(舟)ポーチって呼んでもいいわね」
プレゼントするお相手は、例えば子育て真っ最中の方。キャシーさんは、初孫であるハルコちゃんのママである次女・雅奈恵(かなえ)さんに送りたくてこの形にしました。
「一息つきたいときのためにキャンディを入れたり、アクセサリーを入れてほしいなと思います。小銭入れにもなりますね」

モチーフは、ハワイアンキルトの伝統的な柄の一つ、エンゼルストランペット。南国ハワイでおおらかに咲く花です。

1804p100_03.jpg

通常のアップリケ&キルティングで仕上げます。

 

1804p100_04.jpg

花のモチーフが絵のようにくっきりと浮かび上がる、ステンドグラスアップリケ!

 

1804p100_05.jpg

裏袋はカラフルに。まち付きだから、小物が意外と入ります。

 
■作り方は『毎日が発見』2018年4月号P101、104で紹介しています。

 

取材・文/飯田充代 撮影/斉藤 亢

次の記事「洋輔さんが作る、ハワイの海をアップリケした「2ウェイポーチ」」はこちら。

8175-2.jpg

キャシー中島(きゃしー・なかじま)さん

ハワイ・マウイ島出身、横浜育ち。明るく親しみやすいハワイアンキルトを提案&指導し、全国に多くのファンをもつ。パッチワークキルトの本場、アメリカでの評価も高い。著書多数。近著は『キャシー中島&洋輔の みんなのハワイアンキルト』(1600円+税 KADOKAWA)

この記事は『毎日が発見』2018年4月号に掲載の情報です。
PAGE TOP