伊藤先生に教わる、はじめての人の「歌始入門」

pixta_30084754_M.jpg歌人の伊藤一彦さんによる短歌の入門。今回は「一語の効果」に注目です。


前回ふれた高野公彦氏の歌を、さらに紹介してみましょう。

前編「高野公彦さんの短歌に学ぶ「一語の効果」」はこちら。

地下鉄の コンクリートの 枕木の
無限数列のうへ 地霊ゆく
 

どんな場面を歌っているかお分かりになるかと思います。地下鉄の電車です。枕木がずっと並んでいるのを「無限数列」と詠んだのも巧みな表現ですが、電車を「地霊」と捉えたところに感心しました。地下の精霊とはユーモアも感じさせます。もう一首紹介します。

水面の ひかりの膜よ あめんぼの
あなうらが踏む 六点の銀

あめんぼが光る水面に浮かんでいる様です。 あめんぼの足の裏が踏んでいる「六点の銀」の語、見事ですね。

A9R1y7qkb3_wq4b85_63g.jpg
<教えてくれた人>
伊藤一彦(いとう・かずひこ)先生

1943年、宮崎県生まれ。歌人。読売文学賞選考委員。歌誌『心の花』の選者。

この記事は『毎日が発見』2017年7月号に掲載の情報です。

キーワード

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット