生が肝心!免疫力アップに効果的な小松菜の美味しい食べ方

180315_komatuna_1.jpg

風邪のようなウィルス性の病気は、しっかり予防しておきたいもの。手洗いやうがい、マスクの着用など風邪の予防法は数多くありますが、実は"免疫力"を高めることが風邪予防の近道。免疫力アップにぴったりな「小松菜」の効能とおすすめの食べ方を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。


免疫力を高める最強の食材「小松菜」

昨年放送された「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(TBS系)では、免疫力をアップさせる食材として「小松菜」を取り上げました。免疫力とは、体内に病原菌やウイルスが入るのを防ぐ自己防衛機能のこと。そのため、免疫力のアップは風邪などはもちろん、がんの予防にも繋がります。

免疫力をアップさせるためには免疫細胞を増やし、活発にさせることが重要。では、そのために何をすればいいのでしょうか? 番組には、内科医の日比野佐和子先生が登場。免疫力を上げるためには「小松菜」が効果的だと教えてくれました。

免疫細胞の働きを高める「ビタミンE」と「カロテノイド」や、免疫細胞を増やす「イソチオシアネート」をたっぷり含んでいる小松菜。数ある食材の中でも、免疫を高める効果は抜群です。視聴者からは「小松菜ってそこまで体に良かったんだ!」と驚きの声が。


「スムージー」と「浅漬け」で免疫力アップ!

番組では、小松菜の効果的な食べ方が紹介されました。小松菜といえば、おひたしや鍋の具材として食べるのが一般的。しかし「イソチオシアネート」は熱を加えると逃げてしまうので、生で食べるのがベストです。

そこでおすすめなのが「小松菜のスムージー」。作り方は簡単で、小松菜とリンゴに水を加えてミキサーにかけるだけ。小松菜を細かく刻むことで、「イソチオシアネート」が増加します。実際に作ってみた視聴者からは「小松菜スムージー、かなりおいしい!」との声が上がりました。また、「みかんを入れてオリーブオイルを垂らすと、さらにおいしくなるよ!」とアレンジに挑戦する人も。

つぎに番組では、小松菜の「浅漬け」を紹介しました。こちらも小松菜を塩と砂糖、昆布や鷹の爪と一緒に混ぜるだけの簡単レシピ。塩もみをすることで「イソチオシアネート」が増加し、より効果的に食べられます。

関連記事:「調理不要! そのまま食べるだけで免疫力アップする発酵食品は?/発酵食」

日比野先生いわく、免疫力をあげるためには「何を食べるか」が大切。食卓に小松菜レシピを取り入れて、ウイルスに負けない体を作りましょう。

PAGE TOP