料理の隠し味にも大活躍! 黒豆甘酒で作るおかず&スイーツレシピ

美肌ビタミンのB群をはじめ、抗酸化作用や抗がん作用が期待できるアントシアニン、食物繊維など、驚くほど栄養豊富な「黒米甘酒」。

実は、飲むだけでなく料理の隠し味にも大活躍します。
「自然な甘さとうま味が加わり、どんな食材とも相性が良い、優秀な調味料になります」と、料理研究家で管理栄養士の村上祥子さん。煮物にスープに、そして、デザートに、日々取り入れてみませんか?

前の記事「飲む点滴が黒豆でパワーアップ! 驚きの栄養を持つ「黒米甘酒」(1)」はこちら。

 

1803p036_01.jpg

「いわしの甘酒煮」

1人分160kcal 塩分1.5g
砂糖を入れなくても甘酒の甘さで十分。いわしの脂もマイルドになります。

【材料(2人分)】
いわし ...小4尾または中2尾(正味200g)

 黒米甘酒...大さじ4
 酒...大さじ1
 しょうゆ...大さじ1
 赤とうがらし(2つにちぎって種は除く)...1本

【作り方】
1 いわしは頭と内臓を除いて水洗いし、水けを取り、皮に斜めに1本切り目を入れる。
2 耐熱ボウルにのたれを入れて混ぜ、を入れたら、たれをスプーンですくってかけ、赤とうがらしをのせる。
3 両端をあけてラップをし、電子レンジ600Wで4分加熱する。

 

1803p036_02.jpg

「黒米甘酒スープ」

1人分92kcal 塩分1.4g
具だくさんおかゆのような、栄養たっぷりのスープです。

【材料(2人分)】
たけのこ(水煮)...100g
生わかめ...40g
もめん豆腐...200g
黒米甘酒...大さじ4
水...250ml

 しょうゆ...小さじ1
 鶏がらスープ(顆粒)...小さじ1/2

 片栗粉...小さじ1
 水...小さじ2
卵...1個
こしょう...少々

【作り方】
1 たけのこは、穂先はくし形に、根元は繊維に直角に薄切りにする。わかめは熱湯を通して冷水に取り、水をきって3㎝幅に切る。豆腐は1.5㎝角に切る。

2 鍋にと黒米甘酒を入れ、水を注ぎ、を加えて中火にかける。

3 煮立ってきたらアクを除き、を混ぜて加え、とろみをつけ、卵を溶いて加える。卵が半熟状になったら火を止める。

4 器に盛り、こしょうをふる。

 

ドリンクや果物にも!簡単スイーツ

A9Row8xje_cy2ik3_ao0.jpg

「甘酒ミルク」

1人分92kcal 塩分0.1g
温めた牛乳でも冷たいままでも。豆乳で作ってもおいしいです。

【材料(2人分)】
黒米甘酒...大さじ2
牛乳...200ml

【作り方】
グラスに牛乳を注ぎ、黒米甘酒を加えて混ぜる。

 

A9R1mat8nu_cy2ika_ao0.jpg

「いちごの甘酒添え」

1人分27kcal 塩分0g
果物との相性も良いので、デザートに。パイナップルやキウイでもぜひどうぞ。

【材料(2人分)】
黒米甘酒...大さじ2
いちご...100g
ミントの葉...少々

【作り方】
いちごはへたを落とし、大きいものは食べやすく切る。器に黒米甘酒を入れ、いちごを盛り、ミントを添える。

 

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景

<教えてくれた人>
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内の「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。発酵食にも詳しく、手軽にできる甘酒や酢を使った保存食は人気。著書多数。

この記事は『毎日が発見』2018年3月号に掲載の情報です。

キーワード

PAGE TOP