部屋の中だからって油断大敵!"室内熱中症"って?

pixta_25823889_S.jpg


熱中症は屋外の太陽光の下だけで起こるわけではなく、室内でも発症するってご存知ですか? 昨年7~8月の熱中症入院患者のうち実は、40%以上が屋内で発症しています。また、入院患者のうち約60%が61歳以上です(出典:平成28年7月1日~8月31日に報告された熱中症入院患者数・厚生労働省発表より)。


グラフ.jpg


そこで、室内熱中症になる原因を多摩総合医療センター救命救急センター長の清水敬樹医師に伺いました。

「屋外の熱中症患者はスポーツなどを行う若年層に多く、短時間で発症します。一方、室内熱中症は60代以上に多く、日常生活の中で徐々に悪化するのが特徴です」と、清水先生。加齢により気温に対する感受性や体温調節機能が低下。気付かないうちに脱水症状に陥るといいます。


pixta_11317462_S.jpg


「60代以上はクーラーの使用を控える傾向があるのも要因の一つ。夏バテで体力が落ちていると熱中症になりやすいので、冷房用機器は活用してください。また、室内熱中症で患者が救急搬送されるのは12~13時が多く、暑くないと思いがちな午前中の対策も重要と考えられます」。

熱中症の初期症状には、生あくび、頭痛、めまい、大量の発汗、強い口の渇き、こむら返り、筋肉痛のような症状が表れます。自分自身や家族間で不調のサインを見逃さないことが大切です。

「熱中症かな」と思ったら、部屋を涼しくて水分をとり、安静に。自力で水が飲めなかったり、または30~60分安静にしても改善しない場合は病院へ行きましょう。

 

次の記事「部屋の中で発症!「室内熱中症」を予防しよう」はこちら。

この記事は『毎日が発見』2017年7月号に掲載の情報です。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット