腕全体を動かして肩こりを防止する"腕まわしストレッチ" /前新マミのゆるっとリンパ体操

肩や首、肩甲骨周りの筋肉を動かさないでいると柔軟性がなくなり、血行が悪化、肩こりが起きやすくなります。寒い季節は特に肩を縮こませる姿勢になりがちで、肩こりを感じる人も多いです。腕全体を回転させて肩関節周辺や肩甲骨周辺の筋肉を動かすと血行不良が改善され、肩こりを予防できます。

家事の合間などにも気軽にできるストレッチを、リンパティック・ストレッチ考案者の前新マミ先生に教えてもらいました。1日に何回でも、気が付いたときに行うと肩こり予防・解消に効果的です。

 

上腕のシェイプアップ/肩甲骨周りのこりを取る/肩こり予防
「腕まわしストレッチ」(1日何回でも好きなだけ)

◎指先は必ず小指側に回すように注意しましょう。

 

1. 腕を前に伸ばす

両腕を前に伸ばし、指先はドアノブを握るときのように、指を軽く曲げます。小指方向に指先を回転させながら、腕を開いていきます。指は軽く曲げると回転させやすくなります

1712p107_01.jpg 

2. 回転しながら腕を開く

指先を回転させながら、さらに腕を横へと開き続けます。指先を回すと腕や肩関節も一緒に動きます。
1712p107_02.jpg 

3. 肩甲骨を寄せる
腕が背中側に来たら、下へ下げて肩甲骨を寄せるように意識して、指先を小指側に8回くらい回転させます。できる限り肩甲骨を寄せましょう。背中が温かくなってきます。
1712p107_03.jpg

 

関連記事「姿勢を正してお尻の筋肉を鍛える"足ポンッ!"ストレッチ」

取材・文/石井美佐 撮影/藤田浩司 ヘアメイク/立木亜美 

  

<教えてくれた人>
前新マミ(まえあら・まみ)さん
1950年、北海道函館市生まれ。バレリーナ、プロダンサーとして活躍。バレリーナのためのリンパティック・ストレッチを考案。著書に『寝たままスッキリ!リンパ体操』他。
この記事は『毎日が発見』2017年12月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP