庭に鈴生りの健康果実「金柑」でふっくら艶々♪の甘露煮を【作ってみた】/hana

1.JPG

こんにちは、hanaです♪
私は結婚20年、夫と子ども2人+リクガメのひでちゃんと暮らすアラフィフ専業主婦です。 趣味は手芸とお片付け(笑) なるべくお金をかけずに工夫して、家族が過ごしやすい、楽しい、居心地のよい家を作りたいと考えています。

 

生活に役立つ情報がいっぱいの「毎日が発見ネット」で、金柑(キンカン)の特集を見つけました♪

 

金柑は皮ごと食べられる小さな柑橘類。
酸味がそれほど強くないので、丸ごとそのままパクっと食べてもとても美味しいです。2.JPG
実は我が家は、10年以上前から庭に金柑の木を植えています。
何か果物が成る木を植えたいと思っていたときに、植木屋さんにオススメしていただいたのが金柑。
大きくなりすぎず、柑橘類の中では寒さに強いので関東でも育てられ、日当たりがあまりよくなくても大丈夫と言われて(笑)それなら我が家でも育てられると思って植えました。

これが大正解♪
何も肥料などあげていませんし、農薬なども使っていないでほったらかしなのですが(笑)、毎年沢山の実をつけてくれます。それに私の背よりもちょっと高いくらいの樹高で剪定も楽! これってとても助かる〜3.JPG
金柑を食べに、冬の間に庭に鳥が毎日遊びに来ます。それも楽しみの一つ。
エサの少ない時期に貴重な食べ物なのね。
どんどん食べていいわよ!と思って、家から可愛い鳥さんたちを眺めています。4.JPG
それでもまだまだ沢山なっていますので、人間も食べさせてもらいましょう〜(笑)

金柑には免疫力を高めて風邪やインフルエンザを防ぐ力があるそう。
加熱しないで食べるとよいそうですが、「甘露煮」も昔から風邪や喉によいと言われていますよね。
今回はビタミン豊富で美味しい金柑を長く楽しめるように、「甘露煮」作りに挑戦しました。

 

無農薬の庭の金柑を収穫♪
健康効果抜群の保存食「甘露煮」作りに初挑戦!

 

庭の木の金柑をちょっと収穫〜。無農薬なので安心です♪5.JPG
水洗いしてから、ヘタの部分を手で取りました。6.JPG
味がしみ込みやすいように、包丁で縦に切れ目を5、6か所入れて。7.JPG
鍋に入れて、まず一度茹でこぼします。8.JPG
そして、ひたひたの水とグラニュー糖(金柑の重さの40%)とハチミツ(20%)を加えて、弱火で煮ました。9.JPG
20分ほど煮て柔らかくなったら火を止めて完成☆10.JPG

 

たったこれだけなので、とっても簡単♪
こんなにふっくら艶々の甘露煮が出来上がりました。11.JPG
そのまま食べても美味しい〜♪12.JPG
種もだいぶ柔らかくなるのだけれど、気になる方は茹でこぼすときに種を取り出すとよいそうですよ☆

とっても美味しくできてよかったです。
デザート替わりに1粒ずつ食べると満足感大☆
ヨーグルトに載せても美味しい♪13.JPG
シロップも、お湯割りにしたり、お酒で割ったり(笑)、色々楽しめますね♪

のどの痛みや風邪の予防に昔からよく食される金柑♪
健康によい保存食なので、これからは毎年、甘露煮を作ろうと思います♪

 

hana
livedoorブログ公式ブロガー。ブログ「happy-go-lucky」主宰。安心してくつろげる居心地のいい家づくりをテーマに、手芸から収納、庭仕事まで、幅広く紹介している。ヘルマンリクガメのひでちゃんを溺愛中♪

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP