乳酸菌をおいしく摂取! おすすめキムチの煮物&お刺身レシピ

そのまま食べてもおいしいキムチ。さらに料理に使ってみると味わいが深く、いつものおかずも幅が広がります。煮物や和え物からトーストまで、おいしく食べて元気になりましょう。

前の記事「腸まで届く乳酸菌たっぷり! 白菜1/4個で作る自家製キムチ(1)」はこちら。

 

1803p028_01.jpg

「厚揚げのキムチ煮」

1人分269kcal 塩分2.3g
簡単だけどご飯のおかずにも酒の肴にもおすすめ。冷蔵庫で3日ほど持つので作り置きにも便利で、味がしみてさらにおいしくなります。

【材料(2人分)】
白菜キムチ...120g 
厚揚げ...1枚
わけぎ...1本
ごま油...小さじ2

 しょうゆ...大さじ1
 砂糖...大さじ1/2
 みりん...小さじ2
 はちみつ...小さじ2
 すりごま...小さじ1
 おろしにんにく...少々
 粗とうがらし(好みで)...少々
水 ...約50ml

【作り方】
1 厚揚げは16等分に切り、わけぎは2㎝長さに切る。を合わせておく。
2 鍋にごま油を入れ、白菜キムチを炒め、油がまわったら厚揚げとを加え、ゆすりながら全体にからめたら水を加える。
3 ふたをして中火で3~4分煮含め、最後にわけぎを加え、ひと煮する。

  

 

1803p028_02.jpg

「鯛のお刺身 青じそキムチ巻き」

1人分194kcal、塩分3.1g
キムチは白身魚とよく合います。いかでもおいしいです。チョコチュジャン(とうがらし酢味噌)は、韓国のお刺身用の代表的なたれの1つです。

【材料( 2人分)】
鯛(刺身用)...約120g
白菜キムチ...80g
青じそ...10枚 
A 
 チョコチュジャン
 コチュジャン...大さじ2
 みそ...小さじ1/2
 酢...小さじ2
 しょうゆ...小さじ1
 砂糖...小さじ11/2
 すりごま...小さじ1
 おろしにんにく...少々
 塩...少々
 長ねぎのみじん切り...少々
松の実(みじん切り)...適量

【作り方】
1 鯛は薄くそぎ切りにする。キムチは巻きやすい細さに切る。青じそは茎を切り落とす。
2 を混ぜ合わせてチョコチュジャンを作る。
3 鯛に青じそ、キムチをのせて端からくるくると巻く。器に盛り、松の実をふり、2を添える。

  

次の記事「混ぜるだけ! のせるだけ! でもおいしい簡単キムチアレンジメニュー(3)」はこちら。

取材・文/石井美佐 撮影/木下大造 栄養計算/スタジオ食

<教えてくれた人>
ジョン・キョンファさん

料理家、栄養士、調理師。1956年、東京生まれ。父(故・全鎭植〈ジョン・ジンシュク〉)はモランボン流宗家。幼い頃より母国の料理に触れながら育つ。「KOREAN COOKING キョンファスタジオ」主宰。「きょうの料理」(NHK)をはじめ、テレビ、雑誌で40年にわたり朝鮮半島の食文化の普及に努める。韓国ドラマ「チャングムの誓い」日本版料理監修も担当。著書多数。

この記事は『毎日が発見』2018年3月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP