保険の給付金が受け取れるかどうかを決めるのは保険会社/医療保険は得?それとも損?(1)

pixta_16552313_S.jpg

年齢を重ねるにつれ「病気」に対する不安が大きくなるのは当然のこと。そんなとき、「医療保険に入れば安心」と思う人も多いのではないでしょうか。保険に詳しいファイナンシャル・プランナーの内藤眞弓さんは「医療保険に入ったからといって、安心が得られるわけではありませんし、そもそも良い医療が保証されているわけではありません。医療保険に過剰な期待をしないようにしてください」と話します。

  

保険で出るボーナス分は保険料で賄われています

保険会社から受け取る給付金と貯蓄は同じ現金ですが、その性格はかなり異なります。貯蓄の場合、預けたお金は基本的に全額必ず受け取ることができます。さらに利息までついてきます。一方、保険の場合、健康なら掛け捨てとなることもあります。「健康ならボーナスが受け取れるという保険商品がありますが、そのボーナス分は保険料から賄われているので、ボーナスがない商品より多くの保険料を払っているはず。元々自分のお金ですよ」と内藤さん。

  

保険の給付金が受け取れるかは保険会社が決めます

お金が必要なとき、貯蓄はいつ、幾ら引き出すかは自分で決められます。しかし、保険は給付金を受け取れるかどうかは保険会社が決めます。給付の条件に合わない場合は、保険料を払っていても給付金が受け取れないことがあります。「お金はないよりあった方がいいはず。自分で自由にできないお金はなるべく減らしていくことをおすすめします」(内藤さん)

「貯蓄」も「保険会社の給付金」も同じ現金ですが、こんなに違います

zu_iryohoken1.jpg

  

次の記事「医療保険に数年加入すると給付金よりも保険料が上回る!?/医療保険は得?それとも損?(2)」はこちら。

  

内藤眞弓(ないとう・まゆみ)さん
<教えてくれた人>
内藤眞弓(ないとう・まゆみ)さん
ファイナンシャル・プランナー。生活設計塾クルー取締役。生活設計や保険の見直し、資産運用などの相談業務を行う。著書に『医療保険は入ってはいけない![新版]』(ダイヤモンド社)などがある。
この記事は『毎日が発見』2017年10月号に掲載の情報です。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット