突然のナデナデ。小さく細い母の手を大きく感じた思い出/めぐろのY子

イラストレーターであり、デザイナーであり、女子高の講師でもある、めぐろのY子さんは多忙の中、週末は実家へと通う遠距離介護を行っていました。普段は慌ただしい帰省でしたが、少し長めのお正月休みはハハ(お母さん)との時間をゆったりと過ごすことに。

前回の記事:動く右手で背中を流してくれる母。一緒のお風呂で知った本音


04_1.jpg

04_2.jpg

小さい細い手が
大きく感じたひとときでした。

関連記事:87歳の母に電話の一本もよこさない兄姉...独身の自分に任せっきりの現状に不満

めぐろのY子


遠距離介護の一つとして日々の出来事を漫画にし、母へハガキ送っていたことをきっかけに、ブログ「絵描きと女子高教師をする子なし 兼業主婦の絵日記 めぐろのY子より」をスタート。笑いと愛に溢れたブログに感動する人が続出。コミックエッセイ『結局!大丈夫 大丈夫』絵本『大丈夫 大丈夫』などが書籍化されています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験 に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

関連データ

■転載元

ブログ「めぐろのY子より」

「笑える」「泣ける」とアクセスが1480万を超えるブログ「めぐろのY子より」。イラストレーター、デザイナー、さらに女子高講師でもあるY子さんが綴る、ハハ(お母さん)の遠距離介護や日々の出来事。大好評につき、書籍化。

■めぐろのY子の「笑える介護マンガ」

『結局!大丈夫 大丈夫(上下巻)』好評発売中~!
※ネット限定販売の商品です。

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP