若い女性スタッフを「ちゃん」付けで呼ぶ部下。指導しても直らなかったが、新入社員が一撃で...!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ぴち
性別:男性
年齢:52
プロフィール:「親しき仲にも礼儀あり」職場においてはとても大切なことです。

33.jpg

今から22年前、販売の仕事をしていた私(当時30歳)は、店舗を一つ任されていました。

そのお店には、年上の部下A(当時38歳)がいました。

Aはとても朗らかな性格で、年下の私の指示にも嫌な顔一つせず、協力的に仕事をこなしてくれる、とても頼りになる仲間でした。

そんな彼ですが、私を悩ませることが一つ。

それは、若い女性スタッフを「下の名前」+「ちゃん」で呼ぶことでした。

Aはフレンドリーに接しているだけのようでしたが、いささか馴れ馴れしい部分があり、女性スタッフの多くが不快に感じていたようです。

とはいえ、年上の社員さんだから、自分たちが直接不快だと伝えることもできない...悩んだ女性スタッフたちは、店長の私から注意してほしいとお願いしてきました。

その都度、私は言葉を選びつつAに話をするのですが、しばらくの間は収まっても、ほとぼりが冷めたころにまた「ちゃん呼び」を再開するのです。

女性スタッフたちの我慢も限界に達していることに気づき、ある日、これまでよりも強い言葉でAに対して注意をしました。

「社会人の先輩として手本となるよう、全てのスタッフに対し『姓+さん』で呼ぶように」

「今後は決して下の名前やニックネームで呼ぶことのないように」

Aは明らかに不満な表情でしたが、その日以降スタッフ全員を「姓+さん」で呼ぶようになりました。

しばらく経ち、4月になり新年度。

会社全体で4名の社員を迎えることになり、私の店舗にも女性新入社員のB(20代前半)の配属が決定しました。

Bは小柄な女性で、新社会人としての初々しさを感じさせる、どちらかと言うと「かわいい」部類の女性でした。

これから社会の厳しさ、そして仕事の楽しさを教えてあげないといけないな、と上司としての使命感を私は感じていました。

新入社員研修を終えたBが私の店舗に初めて出社したその日、Bを紹介するべく朝礼を行いました。

緊張しながらも、しっかりと自己紹介をしたB

その姿にスタッフ全員がBに拍手を送り、和やかな雰囲気で朝礼が終わりました。

しかし朝礼が終わった直後、突然Aが「Bちゃ~~ん」と言いながら、Bに近寄っていきました。

またAの悪い癖が始まったのか? それとも新入社員なら嫌がらないだろうと思ったのか?

しかし、私がAを制止するために間に入るよりも早く、Bは毅然とした態度で言ったのです。

「馴れ馴れしく名前呼びするのやめてもらっていいですか? そういうの好きじゃないんで!」

初々しさを微塵も感じさせない、迫力のあるBの一言にAも絶句してしまいました。

それ以降、Aは誰に対しても「ちゃん」呼びをやめました。

あまりのショックのせいか、元気がなくなったAに、彼の持ち味である朗らかさを取り戻すにはどうしたらいいか、しばらくの間それが優先すべき仕事になりました。

人気記事:《漫画》給食室で「触るな」と言われた謎の箱...栄養士が隠していたあり得ない行為とは!?<前編>
人気記事:《漫画》自分のミスはヘラヘラごまかす20歳年上の神経質夫。それを見た娘が鋭い一言を!<前編>
人気記事:夫の実家の異様な食事風景。座ることも許されず壁に向かって立たされた私《かづ》

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

そうなる前にきちんと指導するべきでしたね。自分がなんとかできないなら他の方の力も借りることもできたでしょうし。
指導力不足では。何度も起きているのに会社に報告や相談はされなかったのでしょうか。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP