【パワハラ被害】「休む? 葬式ごときで?」上司が一方的にまくしたてた「信じられない暴言」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ぴち
性別:男性
年齢:52
プロフィール:関東在住。転職経験豊富な52歳です。

#2.jpg

17年ほど前のことです。

小さなスーパーの店長をしていた私(当時35歳)の携帯電話が鳴りました。

電話の主は母(当時56歳)で、電話の内容は母の姉、つまり私の伯母が亡くなったということでした。

この連絡をもらった日は、小売業にとっては一年で最も忙しい年末、12月30日。

母の話によると、異例ではあるが亡くなった当日である今日30日に通夜を行い、翌日31日の大みそかに告別式を行うとのことでした。

この時期、私の仕事がとても忙しいことを母は知っていましたが、長男として私に参列してほしいと告げました。

伯母は母より6歳年上です。

母のように身の回りの世話をしてくれた、とても大好きなお姉ちゃんなんだ、と聞いたことがありました。

そんな大好きなお姉ちゃんの最後の顔を見たときに、落ち着いていられない、だから忙しいのに申し訳ないが一緒に来てほしい、母はそう言いました。

母は通夜に参列するべく、私たちの住む都心部から伯母のいる北陸へと先に向かいました。

私は明日早朝に出発し、告別式に参列することとなりました。

母との電話を終え、早速休みを取るため本部に電話をかけると、電話に出たのはいつも私に冷たい態度を取るN部長でした。

かつてN部長が担当していた赤字店舗を私が黒字化したことがあり、その頃からN部長は私に対して、なにかと冷たい態度を取るようになったのです。

この日も電話に出たときの声のトーンは明るかったのに、私が名乗った途端、面倒くさいと思っているのが見え見えの低いトーンで「あぁ、君か。何?」と言ってきました。

切り出しにくいのですが、言わないわけにはいきません。

N部長に事の次第を話し、お休みをいただきたい旨を伝えたのですが...。

「は? 何言ってんの? 休めるわけないでしょ?」

「君、何年この業界にいるの? そんな葬式より、お店の方が大切だってことぐらい分かってるよねぇ」

「それでも休むって言うのなら自分で全部段取りしてね。代わりの人は誰も出さないから」

N部長は私に一方的にまくし立て、私が言い返す隙を与えず電話を切りました。

何ともいえない気持ちを抑え、私はお店の各スタッフに指示を出しました。

そして、明朝の早い時間に北陸へと出発し、告別式が終わってすぐに都心部にもどり、夕方には店に出るという強行軍で告別式に参加したのです。

そのため、伯母の骨の一つ拾うこともできませんでした。

「身内の葬儀にすら出させてもらえない、そんな情けない話があるのか」

そういった母は、2〜3日北陸でゆっくりして気持ちを落ち着けてから帰ると言い、やるせない思いでいっぱいになりました。

後から知ったのですが、N部長は31日から1月5日までしっかりと休暇を取ったそうです。

我慢してきた思いが抑えきれなくなった私は、その後、N部長とのやり取りの全てを社長に話し、同時に退職の意を伝え、2カ月後に退職しました。

もしもあのとき、N部長ではない誰かが電話に出てくれていれば、母にも情けない思いをさせずに済んだのになぁ。

あれから何年もたったのに、そんなことをたまに思い出してしまいます。

人気記事:《漫画》高校受験前の夏休み。娘の幼馴染に「ある噂」が流れ...再会するとまさかの激変!?<前編>
人気記事:《漫画》「嫁の産んだ子どもが可愛くない」とまさかの暴言! 親戚中がドン引きだよお母さん!<前編>
人気記事:母がおかしい!行きはひとりで来たのに「私どうやって帰ればいいの?」《ワフウフ》

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP