【非常識な住職】供え物は「迷惑」!? 言動が不愉快すぎて、法事を取りやめる事態に【漫画】<後編>

「義父の供養を頼んだ住職は、戒名は間違えるは納骨の手配もしていないわ...そのうえ自分のミスは絶対に認めないとんでもない人でした。私ならこんな人に供養してもらいたくありません」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

【前編】故人の戒名と享年を間違え、納骨を拒否! 供養する気ありますか?【非常識な住職】

5.png

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:なみき
Twitter:@picbirds1

コメント一覧

我が家も同じような経験しました。 尊敬できないお坊さんに頼みたくないですよね
私も夫の納骨堂のあるお寺の住職さんは尊敬出来ません。 姑はやれ法事だ月参りだと熱心ですが、私は極力関わりたくない。 夫の納骨のときも予め連絡していたのに、マトモなお話もされずに呆れました。 子供たちは宗教立の学校に通いましたが、そちらの神父様シスター方は急な場面でもキチンと筋立てて、また困っている方々へお心を寄せてお話される方ばかりでしたから、宗教家の方は皆さんそんな方だと思っていました。 ただ、生活の生業のためだけに営業されているようで不愉快です。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP