【図々しいママ友】「子どもを預かって」「いいよー」でも理由を知ったら...え? そんなことで?

「困ったときに子どもを預けられるママ友はとっても大事です。52歳の私にも気の置けない40代のママ友がいるのですが、先日私に子どもを預けた理由にモヤモヤしています」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

4コマ№140.png

それ以来、月に1~2回のペースでお預かりを頼まれるようになりました。

私はピアノ講師をしているので、生徒たちが来て忙しくなるのは夕方以降。

そういう意味でも預けやすかったのでしょう。

何度も言いますが、ママ友の娘ちゃんは手のかからない子で、1人でお絵かきをしたり塗り絵をしたり静かに遊んでいます。

おやつや飲み物も持参して、何かを欲しがる訳でもなく、可愛いなあと思います。

けれど、初回を除いては緊急の用事でもなさそうで、自分の買い物を1人でしたいだけ、子どもは連れて行かない方が楽、みたいな様子のママ友。

都合のよい託児所か? それとも私が年上だから孫を見る感覚で見てよってことなのか? モヤモヤが止まりません。

二度と預かりたくない、とは思わないし、本当に困っているなら気にせず連れてきてくれて良いのです。

ママ友はいつも感謝してくれるし、わざわざお菓子やケーキを持ってきてくれます。

話をしても楽しい大切な友人です。

子どももそのうち大きくなって、うちに連れてくる必要もなくなるかも知れません。

ただ、「子どもが大きくなって昼間何もすることなくていいねえ」的なニュアンスのことを冗談半分に言われることがあり、「なんだかなあ~」と思ってしまうこの頃なのです。

漫画:なみき/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:なみき
Twitter:@picbirds1

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP