私はどうすればよかったのか?「お金を貸して」と言ってくる知人に悩む友人

5.jpg

ペンネーム:るんまま
性別:女
年齢:55
プロフィール:育てるなら女の子がいいと思っていたのに、育てたのは3人の男の子。夫を頭にした唯我独尊部隊と戦ってきました。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

22歳になる三男がまだ中学生だった頃、PTA活動をしていた時のことです。
息子の通った中学校は、2つの小学校の卒業生が集まる中学校でした。なので中学で初めて出会う方もいます。
その中でお金がらみでトラブルになる方がいました。同じ小学校から上がってきた人のほとんどが彼女のことを知っており、彼女とは距離を置いて付き合っていたようでした。そのことを知っていても誰も口にしなかったため、特に噂になることもありません。彼女のお金がらみのトラブルは、中学に上がっても続いていました。

問題の彼女は委員会活動に積極的に参加し、よく仕事をしてくれる方だったので、どちらかというとよい印象。でも、仲良くなると「お金を貸してほしい」と言う人だったのです。最初は1000円くらいからで、貸してもすぐに返してくれたようでしたが、そのうち金額が少しずつ増えていきます。金額が多くなれば返すまでの期間も長くなります。何度も貸してほしいと言われると、さすがに貸す方も「今は持ち合わせがないからごめんね」と言ってかわすようになりました。

その彼女と一番仲良くしていた友人が、ある日私に相談にきました。その方は私のご近所さん。相談の内容は、何度もお金を貸してほしいと言われるのでどうしたらいいかというものでした。息子同士が部活や塾も一緒で仲良くしていることもあり、すげなくすることはできないということ。私の息子とは学年が違いましたので、彼女とはPTAで一緒になることはあっても子供同士の直接的な関わりはありません。それもあってか、友人は私に相談にのって欲しいということでした。しかし、相談された私もどうしていいかわかりません。

あくまでも憶測なのですが、友人が言うには、彼女がギャンブルにハマっているのではないかということ。駅近くのパチンコ店で見かけたとか、専業主婦なのに毎日のように駅にむかっているとか。ご主人は大手企業に勤めており、給料はちゃんともらえているはずなのに、お金がないのはご主人が渡さないからじゃないかとか。友人の憶測はどんどん広がっていきます。

とはいうものの、救いなのはその友人が彼女を悪く言って責めたてなかったということでした。子供の為にも良くないと言い、同じ母親としてこのままじゃいけないと考えていたのです。もしギャンブル依存症になってしまっているなら、一緒に病院に行ってあげてもいいと。

なぜそんなにお金に困っているのか、さりげなく聞くものの何も答えてはくれなかったようで、友人は手助けしようにも何もできないジレンマに陥っていました。なぜご主人は何もしないのかという不満もありましたが、いかんせんズケズケと人の家庭の事情に首を突っ込むことはできません。

本人から困っていることを相談してくれれば、力になるだけの心の準備までしていた友人。そんなよいチャンスなのだから、問題の彼女はアクションを起こせばいいのにと思いながらも、結局、私も何もできなかったのでした。

その後、彼女はどうしたのでしょう?友人はどうしたのでしょう?気になりながらも、触れてはいけない問題のような気がして時が過ぎてしまいました。

こういうケースは、どうしてあげるのが一番よかったのでしょうか?自分に直接関わりがなかったとはいえ、今でもあの時どうしてあげるべきだったのか、どう助言してあげたらよかったのかと悶々としています。

関連記事:「反応」につかれたときは自分の「感覚」に帰ろう/これも修行のうち。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP