【漫画】「お前たちが家を建てる金は半分出す」義父の豪語は嘘だった!? 実際の貯金額が発覚し...

「私たち夫婦には裕福そうに振る舞っていたのに、実は貯金を崩しながら生活していた義両親。とはいえ、子どもにまだお金がかかる我が家が援助することは難しい...なぜ、老後のことを考えていなかったのか? 不信感と不安ばかりが募ります」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?

夫の両親は米農家です。

詳しい収支はわかりませんが、義父は70歳くらいまで日雇いでも働いていたので、兼業で農家をやっていたときは、米の収入は副収入として割と余裕のある生活をしていました。

そのため、個人年金と米の収入があればなんとか暮らしていけるくらいに、ある程度貯金もしているものと思っていたのです。

以前義父が、息子夫婦の私たちが家を建てるときは半分くらいは出してやる、と言っていたことがあったのも、そう思う理由の一つでした。

すべてのお金の管理は義父がしていたのですが、その義父が認知症になりました。

それからいろいろと真実が分かりました。

実は義両親に貯金はほぼなく、年金も払っていた時期はわずか。

義母が少し貯金をしていたものの、1年くらいしたらなくなってしまうくらいの額しかなかったのです。

慌てて夫と義実家の財政状況を調べましたが、あまりに悲惨な状況に夫婦で青ざめてしまいました。

毎日発見ネット12月_005.jpg毎日発見ネット12月_006.jpg毎日発見ネット12月_007.jpg毎日発見ネット12月_008.jpg

漫画:ヤドカリコ/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:ヤドカリコ
Twitter:@yadokarikodayo

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP