お金だけじゃない!? アラフォー主婦が次々と仕事をはじめる意外な理由

1.jpg

ペンネーム:つよぽん
性別:女
年齢:38
プロフィール:2児のアラフォーママです。子育てが落ち着き仕事をはじめる友人が増え、私も働きたい気持ちが高まっています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

仲の良い40代の友人から、まわりが次々と仕事をはじめるようになって焦っているという話を聞きました。ひとりだけ取り残されたような孤独感におそわれているようです。

いまのまま専業主婦でよいのだろうか......と不安でいっぱいになっている友人の姿を目の当たりにした私は、アラフォー世代になると単純に子どもの手がはなれ自分の時間がもてるようになるから、仕事を始めているのだと思っていました。

しかし友人の話によると、経済的理由など人によりさまざまですが、「働くタイミングを逃しそうだから仕事をはじめた」「自分の居場所を見つけておきたい」という理由で仕事をはじめる人が意外と多いというのです。

働くことはお金を稼ぐことに変わりはないのですが、自分の居場所を見つけるために仕事をはじめる理由に共感した私。私自身も仕事と家庭を両立しながら過ごした時期があったからです。

家族以外の人たちとつながりをもつことで、世界が広がります。家にいるときと違って緊張感をもつこともできました。大変なこともありますが、充実した毎日を過ごせるのは確かだと思うのです。
ただ若いころは、とにかくお金がほしい! という気持ちだけで仕事をがんばれていた気がします。しかし年齢をかさねるごとに、お金だけではない目的が仕事に対して生まれてくるのかもしれないとも感じました。

求人情報を手に取って仕事を探し始めた友人には、幼稚園と小学校に通う子どもがいます。仕事をすると夏休みや春休みはどうするのか?など当然さまざまな問題が浮上します。友人は働く時間が限られるため、なかなか希望する労働条件のお仕事にめぐりあえないと嘆いていました。

意地になってお仕事を探していた友人を見て私は「いまの環境で無理して働く必要があるの?」とギモンに感じたことを思い切って伝えました。まわりが仕事をはじめたことで、ただ焦りを感じているようにしか見えなかったのです。
すると友人は図星だったようです。冷静になって考えると、まわりに流されているだけだったことに気づいたと言われました。人は人、自分は自分だよね、と。そして今無理して働くことはやめたそうです。

子育てがひと段落したアラフォー世代のママたちは、なんとなく働きはじめるわけではありませんでした。子どもの手がはなれたからこそ、自分がどうありたいのかを考えて決断をしているのだと思います。仕事をはじめようかと悩んでいた友人を見て、私自身も将来の仕事について考えるきっかけになりました。これから先どんな自分でありたいのか、未来の自分を想像する機会にもなりました。

先のことは分かりませんが、働くタイミングはいずれやってくると私は思っています。まわりがこうだから......と気にせず、自分なりのペースで充実した人生を送っていけたらいいなと思っています。

関連記事:他者とのつながりの中で生きる時に、人に合わせてばかりいることはできない/岸見一郎「老後に備えない生き方」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP