【漫画】「1枚くらいいいでしょ」とマスクをねだる娘のお友だち...子が子なら母親も図々しくて!?

「毎日娘にマスクをねだるお友だちへの対策で、手作りマスクを渡したら、そのママから言謂れのないクレームを受けた私。身勝手な言い分に腹が立ち、反撃してやりました」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?

これはコロナ禍になる少し前のお話です。

私は40歳の主婦で、夫と4年生(10歳)の娘と3人暮し。

私たち夫婦は、揃って花粉症です

残念ながら娘も花粉症で、通常、毎年1月くらいから家族でマスクが手放せません。

娘もマスクで花粉予防をすることには理解をしてくれていて、1年生になるころにはしっかりマスクをして学校へ。

この時期は、インフルエンザが流行する時期でもあるので、予防にもなっていました。

校庭で遊んだり、汚れた手でマスクを触ってしまうこともあるので、替え用に2枚ほど、ジップロックに入れて持たせていました。

そこで気になり始めたのが、娘用のマスクの減りが早いこと。

基本的には1日1、2枚で十分足りているはずなのですが、おかしいと思い娘に聞いてみると、意外な事実が発覚しました。

「●●ちゃんがマスク1枚ちょうだいっていうからあげてるの」

「毎日?」

「うん。だいたい毎日言われる」

●●ちゃんは同じマンション、同じクラスのお友だちで、そこまで仲が良いというわけでもありません。

それなのに、ほぼ毎日マスク渡していたというからびっくりしました。

「1回、2回だったらいいんだけど、あなたが使うために予備を持たせているのよ。私が使うから、今日はあげられないと言ってみたら」

そう諭した翌日、娘に聞いてみると、涙ぐみました。

「私が使うって言ったけど、1枚くらいいいじゃんって言われて渡しちゃった」

確かに1枚くらいいし娘を責めるつもりもありませんが、1箱2カ月くらい持つのになんだかなとモヤモヤしていました。

そこで私が考えた作戦は「手作りマスク」。

ガーゼでさっと作り、ジップロックへ。

「今日もちょうだいって言われたら、これをあげてね」と伝え学校へ送り出しました。

もちろんその日もマスクをせがまれ、娘は手作りマスクを渡したそうです。

これで収まればいいなと思っていた矢先。

お友だちのお母さんが我が家へやってきました。

「こういうのとかいらないから」となんと、手作りマスクを返しに来たのです。

#87-5.png#87-6.png#87-7.png

漫画:佐々木ひさ枝/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:佐々木ひさ枝
Facebook:佐々木ひさ枝

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP