【漫画】亡き母が残した携帯電話には台所に立つ父の写真が...慈しみ合う夫婦に涙...<後編>

「余命を宣告された母のため、一生懸命料理を覚えた父。その姿を母は携帯電話に収めていました。大きな背中を丸めて自分のために料理をする父の姿を、母はどんな気持ちで見ていたのでしょうか」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?

【漫画】余命宣告を受けた母に「何でもする」と決意した父...挑戦したのはなんと「料理」でした<前編>

5.png6.png7.png

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:なみき
Twitter:@picbirds1

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP