図々しすぎ!スポーツクラブで知り合ったご婦人のせいで憂鬱な日々

15.jpg

ペンネーム:つめ
性別:女
年齢:52
プロフィール:子育ても終えスポーツクラブへと通う日々。毎日楽しいはずが......。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

急激に体力の衰えを感じ始めた45歳の頃、車で十数分の場所にスポーツクラブができたので週に3~4日通うことにしました。20代で結婚以来、専業主婦だった私は、世間から置いてけぼりにされていくような焦燥感と、どんどん世界が狭くなっていくような息苦しさを感じていましたので、いろいろな年代の方と知り合う機会ができたことをとてもうれしく思っていました。

それから早7年、すっかりスポーツクラブの古株となり、お友達となった同年代の方たちとボーリングやカラオケに行ったり、お花見を計画したり温泉に出掛けたり、スポーツクラブ外でのお付き合いも多く、通い始めた頃の期待通りに忙しくも充実した毎日を送っていました。

そう、最近まではとても楽しかったのです。

というのも、数カ月前に知り合った65歳前後のおばさまが厄介で困っているんです。

最初は無難な話題が多く、上品な方のようにお見受けするので、お知り合いになれたことをとても喜んでいたのですがーー。

私が身に着けていた娘の手作りコサージュを「欲しいわ」とおっしゃるので、気持ちよく差し上げようとしたら、ぶんっと取り上げ踵を返して行ってしまわれたことが、最初に首を傾げた出来事でした。

そして、「○○まで出掛けることはあるかしら? ついでに△△のお饅頭を買ってきて欲しいの」とお願いされたので、翌週の外出時にわざわざお店に立ち寄ってお饅頭を購入し、代金を請求したら、お財布を取り出そうともせず不機嫌になったことにもびっくりさせられました。

それ以降も平然と同じような買い物の依頼をしてくるのですから、彼女の図太さに驚かされます。

また、スポーツクラブの入り口で私が出てくるのを待っていて、「ついでに送っていただけるかしら?」と声を掛けてくることもしばしば。同じ方角で途中で降ろすことになるので、ついでといえばついでなのですが、「ありがとう」さえ言わずに降りていく彼女に、気分が悪くなります。

結局のところ、私は彼女に都合のいいように使われているのだと思うと、本当にうんざりします。本来なら、子供の手が離れて私も時間の余裕がありますし、年上の方がお一人でお住いのようなのですから、困っていることがあれば色々と助けてあげたいし引き受けてあげたいと思うのですが、彼女の場合は代金も支払わず、「ありがとう」の一言さえもなく、逆にこちらが嫌な気分にさせられてしまうことばかり。

最近はスポーツクラブに行くたびに、彼女がいないとホッとし、見かけた時は目が合わないことを願っている自分にも嫌気がさしています。

関連記事:人間関係の「ねばならない」からいったん離れる/枡野俊明

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP