虚栄心が強く、浪費癖のある義母。どこまで私たちが負担すればいいの?

pixta_18050696_S.jpg

ペンネーム:フカユキ
性別:女
年齢:50
プロフィール:高校生と中学生の2人の子を持つ母です。介護施設に入った義母が大腸がんになり、今後の医療費と介護費の負担が心配。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

義母は4人兄妹の末っ子で、本来なら頼りにしたいであろう夫も、一人息子である私の夫も亡くして、身内と呼べるのは孫にあたる私の子供と、姻族にあたる私しかいません。

義父はそれなりの地位のある公務員だったため、遺族年金も人並み以上にあります。一般論では、義母1人だったら、贅沢は出来ないものの有料老人ホームに入って、月々2、3万の自由なお小遣いがある生活は余裕で送れると思われる額です。

しかし、そうはなりませんでした。なぜなら、義母は人一倍虚栄心が強く、浪費癖があったからです。例えば、自分だけでなく身内が入院するなら個室を強制してくるとか、最高の医療を受けたいし、受けさせたいと、保険の効かない治療を希望したり、どんな状況でどんな物であっても一番いいものが正義だと思っているフシがあります。

そんな考えで凝り固まっているため、当然もらっている年金では足りず、2枚あるクレジットカードは限度額ギリギリまでキャッシングしているし、年金を担保にしてお金を借りている始末。2カ月間年金が入ってこなくなって泣きつかれ、亡くなった主人の申請していた障害年金を全額充てたこともありました。

それゆえにサ高住(サービス付き高齢者住宅)への入居が決まって、私を一番悩ませたのは初期費用の存在でした。施設に入る時に一時入居金を払うことになっても、義母にはお金はないので、私が都合をつけなければなりません。しかし度重なる義母の穴埋めで、私もまとまった金額を出すことが出来ない状況です。

実家の老親には心配を掛けるわけにもいかず、かといって友人に借りることの出来る額なわけでもなく、まだ高校1年の息子の積み立てていた学資保険の中から50万円を借りて、それをすべて初期費用等に充てました。何で私が、子供の進学資金を使ってまでしなければならないのだろうと、理不尽な気持でいっぱいになったのを忘れられません。

それから程なくして、施設を移りましたが、サ高住から戻ってきたのは色々相殺して、10万に満たない金額でした。前家賃として計算されていた予測金額よりも、実際に義母が暮らして、様々な要望が強すぎたため費用が掛かりすぎたからです。

移った先の有料老人ホームでは、こちらでお願いした金額で収めてもらえていましたが、ここでも問題が発生。今回移った先で義母が貧血気味になり、精密検査の結果、結腸がんであることがわかったのです。

悪いことに、以前は義母も医療保険に入っていたのですが、浪費癖が災いして数度保険料を滞納し、今現在は何の医療保険にも入っていない状況。高齢のため今から入れる保険もありません。

入院して手術、治療を受けるにしても、有料老人ホームも引き払うわけにはいかないので、二重に支払いをする期間も出てきます。

医療費やこの一切合切も私が負担しなければならないのか...?釈然としない思いを抱えながら、答えが出せない日々です。

関連記事:介護にかかる費用の平均は月間7.9万円/介護破産(26)

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

キーワード

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット