56歳、貯金のできない彼と結婚していいのか迷う日々

18.jpg

ペンネーム:キララ
性別:女
年齢:56
プロフィール:10年位付き合っている6歳年下の彼がいます。老後を考えると結婚もありかと思うものの、結婚の決心がつきません。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

現在56歳、独身です。今までに結婚の話は、何度かありましたが、自由奔放を好む私は、もともと結婚願望がありません。会いたい時に二人で楽しめる恋愛が心地よかったのです。

現在私には、10年位付き合っているバツイチの6歳年下の彼がいますが、彼とも最初から結婚は考えていませんでした。

付き合い始めて1カ月たった頃、急に彼が千葉県へ転勤が決まり、それから今まで、福岡と千葉の遠距離恋愛。お互いそれ程、経済的にも余裕がなく、1年に1度、彼が帰省することでしか会う機会がありません。

最初は、毎晩の長電話が楽しみで、それが、唯一の彼との懸け橋でした。しかし、次第に遠く離れていると、傍にいられない分、彼の不規則で油物中心の食生活と貯金が出来ないお金の遣い方を心配するようになり、それを正すべきアドバイスが中心になってきました。

私のアドバイスに、彼は、「そうだね。今から気を付けるよ。貯金もなるべくするようにする」と言ったもののいっこうに改善しません。

タバコも1日2箱。「やめろ。とは言わないけど、吸う本数を減らす努力をしては?」と言うと、「うん。分かった」と彼は軽く言うものの、これも改善なし。

そのうちに、彼はゴルフをはじめ、1カ月に2、3回行くようになりました。ゴルフは1回のプレーにお金も掛かるし、ゴルフ用の洋服や道具なども定期的に購入することに。最初は、趣味を楽しむのはいいことと思っていましたが、「1カ月に1回で十分なのでは?」と言うと、「接待だから、仕方ないよ」と言う始末。接待といってもゴルフ代は自腹。営業の仕事でもないのに何が接待だと疑問がわきました。「お金がないから、会いに帰って来れない」と言われると、ゴルフの回数を減らせば、十分帰って来れるのに......と。また、毎日、たばこと食費で5,000円遣っているのなら、それを節約すれば貯金もできる。私もアドバイスから次第に不満に変わってきました。

7年間位たった頃、私のイライラもピークになり、「すべて、あとで貴方が困らないように言ってるのにいっこうに改善しようと思わないなら、もう別れよう」と、彼に告げました。その言葉に一瞬戸惑った感じでしたが、彼もそんな私にストレスが貯まっていたのでしょう。「そうだね」とボソッと。それで、別れることになりました。やはり、最初は寂しさがありましたが、言いたくないのについ小言を言ってしまう自分にも嫌気がさしていました。

別れた後も、たまに彼から「元気?」とか電話がありましたが、半年位たった頃、やっぱり、もう一度やり直したいといわれました。少し悩みましたが、もともと彼は素直で、真面目。信頼はできる性格だし、たまたまその頃突然の母の入院で、私の気持ちも落ち込んでいたので、彼が支えのように思えました。

10年位たった今、私は56歳を迎え、1年前から母の介護生活です。今の彼は、ゴルフは、1年に何回か行く程度。食費も何とか自炊をはじめ節約をしたり、野菜をとったり、多少努力はしているものの、貯金はできない彼には、今もイライラしています。

最近、彼が老後を見据えてか結婚の話をします。確かに、母がいなくなって一人になれば寂しくなるので結婚もありなのかなと考えるものの、今まで自分のスタイルとペースで生活してきている私には、貯蓄もなく、先のことを考えていない彼との生活は不安もあります。彼への不満でストレスが貯まる日々になってしまうのではと思うと、なかなか結婚の決心がつきません。正直、一人の老後は心配だけど、この歳になるとそれ以上に経済力も重要。今更パートナー選びに後悔はしたくないなあと思う気持ちが強いのも事実で、まだ決められません。

関連記事:恋するシニア世代へ。中高年の恋愛は"身軽に"愉しむのが粋/大人の男と女のつきあい方

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP